DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

眞鍋かをり、第1子出産後初のテレビ収録で同期女子とのバチバチ明かす

今年10月に第1子を出産したばかりのタレント・眞鍋かをりが25日、都内のスタジオで行われた新春特番「歌う!人生ゲキジョー」の収録でテレビ復帰を果たし、その心境を語る共に、若い頃には同期の女子同士で”バチバチ”があったことを明かした。 この日が出産後初のテレビ番組収録となった眞鍋は、「久しぶりに華やかな場所に来て、すごくフワフワした気分。今日は緊張しています」と切り出したものの、同番組で共に司会を務める高田純次の「こういうところで出産すればよかったね」「今まで一緒に司会をしたことがなかったので、こんなにお美しい方だったなんて。僕が緊張してるからね」といったテキトー節には思わず笑顔。「高田さんとは現場では何度もお会いしているんですよ。絶対に緊張はしてないですよね」と応酬するなど、息の合ったやり取りを見せた。 「苦難の人生にこそヒントがある」をテーマとした同番組は、「夢をあきらめきれずプロ野球独立リーグの入団テストに挑戦し続ける男」「刑務所から出てきた男たちの出所当日とそれからドキュメント」など、実在する人物の苦難の人生を再現ドラマで振り返りながら、人生を分けたターニングポイントについて専門家たちが徹底アドバイスする人生相談バラエティー。さらに、登場人物の人生を応援すべく、八代亜紀、堀内孝雄ら一流歌手たちが彼らに歌をささげる。 番組のテーマにちなみ、苦労したことについて話が及ぶと、「わたしはこの世界に入って16年になります。けっこう色々大変な苦労があったと思いますけど、いざ出産をしてみると、自分の人生に起きたことは苦労ではないなと。やはり子供が一番心配だと思うようになりました」と心境の変化を語った。 一方、「われわれの仕事は毎日が苦労だからね。あんな人、こんな人にいじめられたとか。若い頃はありましたよ。これはイニシャルで言った方がいいのかな?」と冗談めかした高田に対して、眞鍋も「わたしはいじめというよりも、女性なので若い頃には同期のバチバチはありましたね」とコメント。さらに高田が「食事をしている時におしんこを隣の人にとられたということがありました」とたたみかけると、眞鍋から「小さい!」とツッコまれ、周囲は笑いに包まれた。 新春特番「歌う!人生ゲキジョー」は1月2日、午後3時半より、MBS/TBS系にて放送

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』最初のマーティ役だったエリック・ストルツ主役の映像は1時間分撮影されていた

ハリウッドの一流の編集者たちを集めたイベント、Editfestで、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のハリー・ケラミダス、映画『ブラック・スワン』のアンドリュー・ワイスブラム、映画『グレムリン』のティナ・ハーシュ、映画『サイン』のバーバラ・タリヴァーが、それぞれ業界の裏側について語った。 編集者になるまでの過程について『ブラック・スワン』のアンドリュー・ワイスブラムは「まず初めに僕はセットで、P.A(俳優や監督などに付くパーソナル・アシスタント)の仕事をしていたんだ。その仕事で、もう二度と映画のセットで仕事したいとは思わなくなったんだ。実際に映画のセットでは、監督を含めた5、6人を除いては、ほとんどのスタッフはクリエイティブの過程にあるというよりは、むしろ距離を置いた形で映画製作をしているという感じにしか思えなかった。そこで編集者なら、よりクリエイティブな過程にかかわれると思ったことが始まりだったんだ」と彼なりの持論があったようだ。「それからは、ニューヨークで一流の編集者のもとで、10年間くらいは見習いの仕事をしていたよ。その見習いの期間にも、かなり低予算作品の編集をして経験を積んできたんだ。後に、ビジュアル・エフェクトの編集をしていたさいに、ダーレン・アロノフスキー監督の映画『ファウンテン 永遠につづく愛』の目に留まって、ビジュアル・エフェクトの編集を任されてからは、順調に仕事ができるようになり、ウェス・アンダーソン監督などの作品の編集にもかかわることができたんだ」と長い見習いの期間を経て、一流の編集者になったようだ。 監督とのコラボレーションについて『グレムリン』のティナ・ハーシュは「わたしとジョー・ダンテ監督(『グレムリン』、『ピラニア』)は、彼が運転できないため、車でわたしが彼を送り迎えするほど仲の良い友人なの。その送り迎えの途中では、話すことが途切れないほど、いろいろな世間話をするわ。わたしとジョーの関係は、普通の編集者と監督の関係とは違うけれど、まず、編集者は監督とは何でも話せるような環境を作ることが非常に大切なの。それに、これまでいろいろな仕事をしてきたけど、大抵は才能のある監督ほど、すごく付き合いやすい人たちが多いわ」と監督とは仕事だけでなく、プライベートでも交流のあるティナのような編集者もいるようだ。 ロバート・ゼメキス監督の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を編集してみて、ハリー・ケラミダスは「あの映画で、マイケル・J・フォックスが演じるマーティが、トーマス・F・ウィルソン演じるビフとその仲間たちに追いかけられ、スケートボードで逃げるシークエンスでは、(その当時はコンピューター・グラフィックなどを使用していなかったため)絵コンテに描かれたものを確認しながら撮影していたんだ。ただ、ユニバーサルのセットで撮影していたために、ロバート・ゼメキス監督は撮影した映像を僕と編集室ですぐに確認しながら、気に入らない箇所があれば、次の日には撮り直していたこともあったんだよ」とかなり時間的余裕はあったようだ。ちなみに、マイケル・J・フォックスがキャスティングされる前に、エリック・ストルツが主役のマーティ役を演じていたことについては「実はエリック・ストルツとは、約1時間分の撮影を済ませていたんだ。だが、エリックとドク役を演じたクリストファー・ロイドとの掛け合いが上手くいかずに、急きょマイケルをキャスティングすることになったんだ。だから、それまで撮影していた1時間分の撮影はすべて撮り直したんだよ……。けれど、一度撮っているわけだから要領がわかっていて、再び撮り直してみたら、さらに良い映画になったと思っているんだ」とハリーは語ったが、あの映画内には一箇所だけエリック・ストルツのままの映像が残っているそうだ。 最後に、バーバラ・タリヴァーは映画『スパニッシュ・プリズナー』のデヴィッド・マメット監督とよく仕事をしていて、お互いの考えていることがわかるほど、同じ感覚を持ち合わせていると語った。今回のイベントでは、彼らの過去の作品の映像とともに編集の過程を解説してくれて、いかに編集者が映画製作上で重要なカギを握るか再認識させられた取材になった。 (取材・文・細木信宏/Nobuhiro Hsoki)

イランの核開発に反対!イラン出身の映画監督がサンセバスチャン映画祭でデモ!

スペインで開催中の第57回サンセバスチャン映画祭で現地時間24日、イラン出身の映画監督が中心となり、国際的にも批判の声があがっているイランの核開発に対して抗議するデモンストレーションを行った。 中心となったのは、コンペティション部門審査員の一人であるサミラ・マフマルバム監督、彼女の実妹で、招待作品『グリ−ン・デイズ』のハナ・マフマルバフ監督、同『ペルシャ猫を誰も知らない』のバフマン・ゴバディ監督たち。映画祭プレジデントのミケル・オラシレギ氏によると、イラン人監督たちから「世界各国のメディアが集まる場でアピールしたい」との要請を受けて、映画祭会場での抗議活動を容認。彼らの趣旨に賛同したオラシレギ氏をはじめ、サミラの審査員仲間である仏のローラン・カンテ監督、韓国のポン・ジョノ監督、英国のジョン・マッデン監督らも仲間に加わり、「わたしたちは核兵器なんていらない。わたしたちが欲しいのは、平和と民主主義だ」と英語で書かれた緑色の横断幕を持って訴えた。 この緑色は、6月にイランで行われた大統領選挙の不正開票疑惑を巡り、敗れた改革派のムサヴィ氏を支持して抗議行動した、いわゆる「グリーン革命」を意味しており、サミラもハナも、公の場に出る時には常にグリーンのスカーフを巻いて登場。また映画『グリーン・デイズ』も、グリーン革命を追ったドキュメンタリーである。 6月に行われた、サッカーワールドカップ最終予選では、グリーンのバンドをした代表選手が問題になったが、今回もネジャド現大統領をあからさまに批判する抗議運動は、イランで論議を醸し出す可能性もありそうだ。 なお、『グリーン・デイズ』と『ペルシャ猫は誰も知らない』は、11月21日~29日に行われる東京フィルメックス映画祭で共にコンペティション部門作品に選出されている。

マーク・ウォールバーグ「911のフライトに自分が乗っていたらテロリストと戦って着陸させた」と発言 遺族からの非難で謝罪

マーク・ウォールバーグの発言が2001年9月11日の同時多発テロの遺族を怒らせ、謝罪する事態が起きている。 映画『ユナイテッド93』写真ギャラリー マークは9月11日にボストン発ニューヨーク行きの175便に搭乗予定だったが、予定を変更して無事だった。しかし、もし自分があのフライトに乗っていたらテロリストと戦い、勝っていたとインタビューで語ったのだ。「僕が子どもたちを連れてあのフライトに乗っていたら結果は違っていただろう。ファーストクラスは血だらけになり、『もう心配はない。どこか安全な場所に着陸するぞ』となっていたさ」とメンズ・ジャーナル誌にコメントした。 これを聞いた遺族たちはマークの軽率なコメントに憤慨。実際にテロリストと戦い、ペンシルヴァニア州に墜落した93便に乗っていた男性の未亡人も怒っているとWENNは報じている。非難が集中したマークはすぐに発言を撤回。「そのような状況を推測すること自体が非常識だった。僕の発言を無神経だと感じ、ご遺族に不快感を与えたのなら深く謝罪します。そのようなつもりはありませんでした」とのコメントをTMZは報じている。

ドラマオタクも主婦層もとりこ!アメリカ国民的長寿ドラマの魅力を主演俳優が語る!

全米ドラマ視聴率第1位を6年連続でキープし、今やアメリカの国民的人気番組と呼べる存在の「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」が今年で13シーズン目を迎え、アメリカにおいて、「LAW & ORDER: 性犯罪特捜班」に次ぐ長寿番組となった。マーク・ハーモン演じるNCIS(海軍犯罪捜査局)特別捜査官リロイ・ジェスロ・ギブスと彼のチームが、毎回、国家の安全を脅かす難事件に挑むという、王道をいく良質のアクションドラマで、口うるさいドラマオタクから一般の主婦まで幅広い視聴者がとりこに。そんな「NCIS」の魅力を、シーズン13を撮影中の現場で主役のハーモンが語った。 全米ではおなじみのメンバーたち (c) 2013 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. テレビ業界を代表する大スターにも関わらず、ハーモンは、ギブスにも通じる誠実さと謙虚さを併せ持つ大人の男の魅力にあふれていた。番組についても「この番組には全世界にアピールするものがある。他の番組がうまくいかない国でも支持されている。シーズン5や6辺りから、今のような支持を集め始めたんだ。僕らも今は、番組のクオリティーを維持するため一生懸命働くことに誇りを感じているよ」と自信たっぷり。 NCISは実在の組織だ (c) 2013 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. そんな彼は、番組が人気の理由は、世界規模でスパイやテロリストたちと戦う、NCISという実在の組織を題材にした点にあると見ている。「この組織の活動は、世界中に通じるものがあるんだ。ドラマは現在を描いているけど、世界は絶え間なく変わっている。番組でやったストーリーがニュースに登場することは珍しいことじゃない。みんなは僕らがニュースからアイデアを得たと思うだろうけど、僕らはそれをオンエアの4か月前に撮影しているんだよ」。 また、本物のNCISエージェントが番組に信ぴょう性を与えている点も番組成功の大きな理由だとハーモン。「アドバイザーのレオン(・キャロル)は本物のNCISで、撮影の初日から関わっている。脚本家たちには、彼の言葉に耳を傾けるよう義務付けられているんだ。脚本家がアドバイザーの言葉を重要だと言うのは、珍しいことだよ。彼の参加は、番組の開始当初からとても大きな影響をもたらした」と語った。 ハーモンとアンソニー・”トニー”・ディノッゾ役のマイケル・ウェザリー。ウェザリーは、ジェシカ・アルバと共演した「ダーク・エンジェル」のローガン役で注目を浴びた (c) 2013 CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved. ハーモン演じるギブスは、昨シーズン、ネット上で子供たちを勧誘してテロ行為を行う組織「コーリング」の黒幕を追いイラクへ向かい、2発の銃弾を受けてしまう。シーズン13では、重症を負ったギブスの運命は? そしてコーリングの横暴を阻止することができるのか? ギブスたちは今まで以上に大きな危機に直面する。全世界で5,700万人以上の視聴者を持ち、全米だけでなく世界一の人気テレビドラマと言っても過言ではない「NCIS」。間もなく始まるシーズン13をきっかけに、日本でもさらにブレイクすることを期待したい。 「NCIS ~ネイビー犯罪捜査班」シーズン13はFOXチャンネルで2月11日(木)から日本初放送開始(21時~)

グレッグ・キニアとジェニファー・コネリー主演のファミリードラマ『ライターズ』製作へ

映画『リトル・ミス・サンシャイン』『グリーン・ゾーン』のグレッグ・キニアと映画『レクイエム・フォー・ドリーム』『ビューティフル・マインド』のジェニファー・コネリーが主役を演じるファミリー・ドラマ『ライターズ / Writers』の製作が決定したようだ。 グレッグ・キニア出演映画『グリーン・ゾーン』写真ギャラリー ストーリーはベストセラー作家(キニア)と元妻(コネリー)、大学生の娘と10代の息子を中心に繰り広げられる。 脚本も手がけたジョシュ・ブーンがメガホンを取り、これが彼の監督デビュー作となる。

蔵之介×深キョン『超高速!参勤交代』続編が初登場トップ【週間レンタルランキング】

2月13日付のTSUTAYAレンタルDVD/ブルーレイランキングが発表され、佐々木蔵之介と深田恭子が共演した映画『超高速!参勤交代 リターンズ』が初登場で首位を獲得した。 【写真】美しい…着物姿の深キョン 同作は時代劇コメディー『超高速!参勤交代』の続編。東北の弱小藩である湯長谷藩は前作で、通常なら10日を要するところを「4日で江戸へ参勤せよ」と命じられて辛くも乗り切った。それが今作では「2日」で江戸から湯長谷に戻らなくてはならなくなり、佐々木を藩主とする湯長谷藩の奮闘が始まる。家臣役の寺脇康文、知念侑李、西村雅彦、側室役の深田、湯長谷藩を助ける抜け忍役の伊原剛志、敵対する老中役の陣内孝則ら前作の出演者が再集結したほか、新たに古田新太や渡辺裕之らが加わった。メガホンを取ったのは前作と同じく本木克英監督。 2位は先週首位の『キング・オブ・エジプト』。普段は人の姿をした神が、戦闘時には金色のサイボーグに変身する点がユニークだ。脇役も豪華で、アカデミー賞俳優のジェフリー・ラッシュ、マーベルシリーズでブラックパンサーを演じているチャドウィック・ボーズマンが出演している。監督は『アイ,ロボット』『ノウイング』のアレックス・プロヤスが務めている。 また、綾野剛主演の映画『日本で一番悪い奴ら』はレンタル開始から1か月以上経つが、今回も5位以内をキープしている。違法な捜査に手を染めていく刑事を熱演した綾野をはじめ、先輩刑事にピエール瀧、暴力団幹部に中村獅童、覚せい剤密輸や拳銃の購入に協力する不良として YOUNG DAIS と植野行雄(デニス)などクセ者たちの怪演が光っている。 今週のランキングは以下の通り(カッコ内は先週の順位)1位『超高速!参勤交代 リターンズ』(初登場)2位『キング・オブ・エジプト』(1位)3位『ハドソン川の奇跡』(4位)4位『ペット』(2位)5位『日本で一番悪い奴ら』(3位)6位『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』(5位)7位『ONE PIECE FILM GOLD』(7位)8位『スーサイド・スクワッド』(6位)9位『ファインディング・ドリー』(10位)10位『秘密 THE TOP SECRET』(8位) 今週は15日に『青空エール』、16日に『セルフレス/覚醒した記憶』がレンタル開始となる。『超高速!参勤交代 リターンズ』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。

パリス・ヒルトンに責任はなし!映画が失敗したのはプロデューサーのせいとの判決

2006年に主演した映画『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』のプロモーション活動をサボったため、興行収入が落ち込んだと訴えられていたパリスの裁判がマイアミ連邦裁判所で行われた。 制作会社は、映画の失敗はプロモーション活動を熱心に行わなかったパリスのせいだと主張し、パリスに支払われた100万ドル(約9,600万円)を含む、制作費830万ドル(約7億9,000万円)の賠償を求めていた。2日間にわたる裁判の結果、裁判官はパリスに責任は一切ないとの判決を下し、映画が損失をこうむったのは未熟なプロデューサーたちが不十分で軽率なマーケティング・プランを立てたためだと言い切った。また、パリスがプロモーションをさぼったことと映画の興行成績の悪さの因果関係は推測でしかないと言っている。 一方で、パリスに支払われた100万ドルの一部返金を映画会社が求めることを裁判官は認めている。パリスにいくらの返金を求めるかなどの書類の提出期限は8月26日。映画会社の態度によってはまだ裁判が続きそうだ。

トム・クルーズ東京・日比谷に手形を残す

『コラテラル』のPRのために来日中のトム・クルーズが、20日、1987年に誕生した日比谷シャンテの”合歓(ねむ)の広場”に設置される手型の”ハンド・プリント・セレモニー”を有楽町マリオン9Fの日劇1のロビーで行った。このイベントは”合歓(ねむ)の広場”で開催されるはずだったが、大型台風の接近のため、急きょ屋内でのイベントに変更になった。 手型をとるためのクリームを右手に丹念に塗り込むトム。司会から「Ready(準備は)?」と聞かれると「GO(いいよ)!」と準備されたプレートに”ペタリ”。「これでいいのかな?」という表情で真剣にプレートを見つめるトム。しかし、押しが足りなかったようで、スタッフに上から手を押してもらい、会場の笑いを誘った。 ファン・セレモニーが終了したあと、ロビーに出るトムを大勢のファンが待ちかまえ歓声をあげた。約30分間、ファンが求める握手やサインに気さくに応じたトムは、『宇宙戦争』(監督:スピルバーグ)のクランク・インのため、この日の午後、帰路についた。 今回型押した手型は『コラテラル』の公開にあわせ、10月30日(土)に合歓(ねむ)の広場に設置される予定。ゴールドのプレートがトムの手型の目印だ。なお合歓(ねむ)の広場に69番目に刻まれることになったトムの手型は、初の外国人俳優の手型となる。

ジャック・ライアンの恋人決定!

トム・クランシーの原作のジャック・ライアン・シリーズ最新作『恐怖の総和』(仮題)で、ジャック・ライアンの恋人役に『コヨーテ・アグリー』のブリジット・モイナハンが決定した。最新作ではベン・アフレックがハリソン・フォードに変わってライアンを演じるために、主人公の設定が若返り今回の恋人役決定となった。ライアンの恩師にはモーガン・フリーマン、アメリカ大統領役には『グリーンマイル』のジェームズ・クロムウェル。監督は『フィールド・オブ・ドリームス』のフィル・アルデン・ロビンソン。

Page 2 of 38112345...102030...Last »