DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

成海璃子&池松壮亮&斎藤工が限界に挑戦「テレビではできないことをやり切った」

小池真理子の半自伝的小説を『スイートリトルライズ』(2009)の矢崎仁司監督が映画化した『無伴奏』で、革命の時代に多感な季節を過ごした若者たちの性と愛を演じた成海璃子、池松壮亮、斎藤工が、テレビでは不可能な映画ならではの挑戦を語った。 成海璃子、池松壮亮、斎藤工の切ないラブシーンに魅せられる予告編 1969年、学生運動に沸く世の中のムードに憧れながらも、池松演じる大学生との恋に身を投じていく女子高生を演じた成海は、自身の高校時代を「あまり思い出したくない時代」と振り返りつつ共感を寄せた。「悩んでもいたし、いろいろ考えてモヤモヤしていたので、現代に生きているわたしの感覚でもよくわかる感情だったんです。あのぐらいの年ごろの女の子はいつの時代でもみんなそういうものなんじゃないかなと」。 こだわりの強い矢崎組は、数々の撮影現場を経験してきた3人をもってしても、相当に過酷な撮影だったそうだ。「監督がなかなかOKを出してくれないんですよ。この3人に対してではないけど、『僕に感情がわかりすぎてしまったのでもう一回やってください』とおっしゃっていたことがあって、その感覚は矢崎監督を象徴するものの一つじゃないかと思います」と池松は察する。 そんなハードな撮影を乗り切る助けになったのは、共演者同士でのプライベートなトークだったという。「相手との距離があったらなかなか言えないような内容の話を、主演の成海さんが先陣を切って持ち出してくださって、そこから連帯感みたいなものが生まれたと思うんです。どんな話かはここではちょっと言えないですけど……(笑)」と斎藤が言うと、「言わない方がいいと思う!」と成海が制する一場面も。 そして何より3人を惹きつけたのは映画に対する矢崎監督の情熱だろう。「初めてお会いしたときに、すごくストレートな言葉で『あなたにやってほしい』と言われたんです。撮影は大変でしたけどやらせていただいてよかったと思います」(成海)、「テレビ的な映画が多く作られている中、説明描写を排したこういう作品は、時代とともに貴重なものになっていると思うんです」(斎藤)、「そんなご時世で明らかに1回目より2回目の方が面白く観えるように作られているんですよ。観れば観るほどいとおしくなってくるものを、あえて作っていると思うので、ある意味恐ろしい映画だと思いますね」(池松)。 パッと見のわかりやすさが求められるテレビでは困難な、一見ではとらえきれないほどの豊かな情感と情報を丁寧に織り込んだ本作には、見返すたびに新たな発見がある。激しく切ないラブストーリーに仕掛けられた、トリックとは一味違う贅沢な伏線を、驚きながら楽しみたい。 映画『無伴奏』は、3月26日より全国公開

米ディズニーランド『スター・ウォーズ』ランド建設のため14%のアトラクション閉鎖

カリフォルニア州のディズニーランドが、『スター・ウォーズ』ランドの建設に入るため、14%のアトラクションを閉鎖するという。 ディズニー/ピクサー『アーロと少年』予告編 Los Angeles Times 紙などによると、一時的に閉鎖されるものもあれば、永久に撤去されるものもあるとのこと。1月11日から一時的に閉鎖されるのはSSコロンビア号、蒸気船マーク・トウェイン号、トム・ソーヤ島のパイレーツの隠れ家、ディズニーランド・レイルロード、デイビー・クロケットのカヌー体験。また、毎晩行われている「ファンタズミック」ショーも工事期間中は開催されないという。 1月10日で最後を迎えるのは西部開拓時代をテーマにしたフロンティアランドにあるビッグ・サンダー・ランチ。ここにあるBBQレストラン、ふれあい動物園、イベントスペースが閉鎖されるとのこと。ビッグサンダー・マウンテンは通常通り楽しめるそうだ。 ディズニーは『スター・ウォーズ』ランドにどのようなアトラクションを造るのかを発表していないが、ゲストが極秘ミッションをカスタマイズできるミレニアム・ファルコンのアトラクションなどが含まれるらしい。 ディズニーランドでは、スペースマウンテンがすでに『スター・ウォーズ』版としてリニューアルされ、「ハイパー・スペースマウンテン」に替わっているほか、「スター・ツアーズ」も『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を取り入れたバージョンになっているという。また、『スター・ウォーズ』のテレビゲームで遊んだり、キャラクターに会えるホール「スター・ウォーズ・ローンチ・ベイ」も新たにオープンしている。

『ゾンビランド』ルーベン・フライシャー監督と『セッション』マイルズ・テラーがタッグ!

映画『ゾンビランド』『L.A. ギャング ストーリー』のルーベン・フライシャー監督と、本年度アカデミー賞3部門受賞の話題作『セッション』で主役を務めた注目の若手俳優マイルズ・テラーが、タイトル未定の新作でタッグを組むことが明らかになった。The Wrapほか複数メディアが報じている。 【写真】狂気に満ちたドラムレッスン『セッション』ギャラリー 本作は、ジ・アタヴィスト誌で掲載されたジョシュ・ディーンによる記事「The Life and Times of the Stopwatch Gang」を、ユニバーサル・ピクチャーズが映画化権を獲得して製作が進められている作品。製作は、映画『デンジャラス・ラン』のスコット・ステューバーとディラン・クラークの製作会社スチューバーズ・ブルーグラス・フィルムズ、ルーベン・フライシャー監督、マイルズ・テラーなどが担当することになっている。 そのストーリーは1980年代に、銃を発砲せずに、素早く銀行強盗をして数億円もの金を盗んだ「ザ・ストップウォッチ・ギャング」を題材にした映画で、映画『ヒート』『ザ・タウン』『ハートブルー』のような作品になるそうだ。 マイルズ・テラーには、映画『インサージェント / Insurgent』の公開が今月に控え、さらに映画『ファンタスティック・フォー』のリブート作品が、今年の8月に公開予定だ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

きゃりぱみゅ、au新CMキャラクターに!新曲「のりおとのりこ」を披露!

歌手のきゃりーぱみゅぱみゅが20日、東京・渋谷で行われた「au発表会 2013 Summer」に女優・剛力彩芽と共に出席した。きゃりーは6月より順次放映されるauの新CMに本人役で出演し、新曲「のりおとのりこ」を披露する。 きゃりー&剛力が共演!華やかなフォトギャラリー この日のきゃりーは、新CMで着ているレモン色の衣装で登場。新曲にちなんで、「(横を向いて)右側がのりこで、スカート。左側がのりおで、チューリップパンツという凝ったものになっているんです」と解説した。auではここ1年、剛力と森三中を主要キャラクターにCM展開をしているが、新CMでは剛力がMC役で「きゃりーぱみゅぱみゅさんです」と紹介し、きゃりーがノリノリで歌い出す。剛力はきゃりーの名前をかまないように何度も練習したことを明かしていた。 今回の新CMは”auにのりかえる”をコンセプトにしているため、かえるのキャラクターも登場する。きゃりーはかえるのパペットを手にして「すっかり仲良しになりました」とにっこり。新CMに向けて「わたしもauに仲間入り。ノリノリになれるダンスと曲で、すごく楽しかった」と充実の表情で語った。

スガシカオの”SMAPツイート”に反響「泣ける」「同感」

SMAPの名曲「夜空ノムコウ」を作詞したミュージシャンのスガシカオが18日、独立・解散騒動に揺れるSMAPへの思いをTwitterで発信し、「泣ける」「同感」と反響を呼んでいる。 「事情は何も知らないのだけれど」と前置きした上で、スガは「ひとりのファンとしてSMAPにはずっと歌い続けて欲しいなと思うのです」と吐露。好きな曲がたくさんあることにも触れながら、「SMAPとの出会いがなければ、今の自分もなかったかもしれないし・・・」と改めてその存在の大きさを示している。そしてスガは、「どうか、みんなが笑顔になれますように」と願いを込めてメッセージを発信した。 この投稿にはSMAPファンからも「ありがとうございます。ホントにホントにありがとうございます」といった感謝や、「本当に…」「スガさんのコメント泣けるー」「同感です!みんなが笑顔になれますように。。」「コレからもSMAPさんを信じてついていきます!!」「みんなおんなじ気持ちだと思います!」「今までもこれからも SMAPには あの頃の未来に立っていてほしいです」といった共感のコメントが寄せられている。

E・ウッド、フーリガン映画へ出演

イライジャ・ウッドがインディペンデント映画『フーリガンズ』へ出演することが決まった。同作は、ウッド扮するハーバード大学を不当な理由で退学させられた男の子がロンドンへ移り住み、そこで暴力に満ちたフーリガンたちの活動を知るというストーリーだ。『ケイティ』のチャーリー・ハナムが主人公をフーリガンの世界へ導く男性役で共演し、監督はレクシー・アレクサンダーがあたる。撮影は来年4月から開始される予定だ。

笹川ひろし監督、「ガッチャマン」アニメ映画化を示唆

15日に放送された「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」で、タイムボカンシリーズでメガホンを取ってきた笹川ひろし監督が、「科学忍者隊ガッチャマン」のアニメーション映画化を示唆した。 12日に実写映画化が発表されたばかりの「ガッチャマン」。番組終了間近のエンディングトークで、番組ホストを務めるジョン・カビラから今後の展開を聞かれた笹川監督は、「実写『ガッチャマン』が発表されましたけれども、アニメ『ガッチャマン』というのがあるかもしれません」とコメントした。「長編ですか?」と問うカビラに「どうでしょうね」と答え、最後は言葉を濁したが、「ガッチャマン」のアニメーション映画化が進行中であることをうかがわせた。 1962年に創業した当時は漫画専門のプロダクションだった竜の子プロダクション。この日の番組では、笹川監督が、漫画からアニメーションへの挑戦の苦悩を明かし、自身の作品作りの原点として、「手塚治虫」「アガサ・クリスティ」「2001年宇宙の旅」を挙げた。中学生のときに出会った手塚治虫作品に衝撃を受け、その後手塚治虫に自身の作品を送ったこと、アガサ・クリスティ作品のどんでん返しが作品作りの参考になったこと、スタンリー・キューブリック監督の映画『2001年宇宙の旅』で受けた衝撃がその後の作品にも生かされたこと、番組では貴重な話がいくつも飛び出した。 なお、12日に発表された実写映画版『ガッチャマン』は、2013年3月に公開されるアニメーション映画『ドラゴンボールZ』も手掛けた渡辺雄介が脚本を担当し、『カイジ 人生逆転ゲーム』の佐藤東弥監督のメガホン、松坂桃李、綾野剛、剛力彩芽、濱田龍臣、鈴木亮平の共演で、2013年夏に公開されることが発表されている。果たしてアニメーション映画化が実現するとしたら、いつごろの公開になるのか? さらなる発表を待ちたい。 「渋谷LIVE!ザ・プライムショー」はWOWOWプライムにて毎週月曜から金曜まで夜7時より放送中

ジム・キャリーとアンジェリーナ・ジョリー、共演作決定か?

ジム・キャリーとアンジェリーナ・ジョリーが、ユニヴァーサル・ピクチャーズのタイトル未決定の新作映画で共演するかもしれない。共演を希望するキャリーとジョリーのために企画された同作は、ストーリーなど詳細は明かされていないが、『コヨーテ・アグリー』や『プリティ・プリンセス』シリーズのジーナ・ウェンドコスが脚本を手掛けるロマンティック・コメディで、二人のスターの魅力を生かす作品になるだろうと期待されている。

夏本番になる前に!! 体臭を抑えるための方法。

本州では気温がぐんぐん上昇してきている昨今、みなさんは体臭対策は万全でしょうか。春に比べ夏は肌の露出や汗で臭いが気になる季節。知らない間に周りの人を不快な気分にはしたくないですよね。そこで今回は、夏本番になる前に気になる体臭の対策を紹介します。 1. リンゴ酢を飲む1つ目は「リンゴ酢」を飲むというもの。リンゴ酢はたいていのスーパーにはあるので始める難易度としてはとても低いものです。 具体的には「アポタンパク」の生成を抑える効果があります。ワキガの原因であるアポタンパクを、りんごの繊維質が抑える効果を持っているのです。また、コストの面や酢にも消臭効果があるので、リンゴ酢がオススメです。 2. 酢風呂に入る2つ目は上記のと関連していてコップ1杯の酢を入れた「酢風呂に入る」というもの。こちらもリンゴ酢と同様、今からでも始められる対策です。 もう少し酢について説明すると、酢は雑菌の繁殖を抑える効果や汗腺を正常にする効果があります。また、酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があり雑菌の繁殖を防ぐことができます。 3. パセリを食べる3つ目は「パセリ」を食事に加えるというもの。粉末でも大丈夫ですが、家でも簡単に栽培できるので比較的難易度は低いかと思います。 パセリは皮脂腺からの分泌物、具体的には脂肪酸の分泌を抑える効果があります。香草としても強い消臭作用があり臭いの強い食事と一緒に良く登場するので直感的にもわかりやすいかと思います。4. シソを食べる4つ目はヨーロッパがパセリならば日本は「シソ」です。シソはスーパーに行けばどこにでもあるので楽に始めることができます。 シソの効果は身体の代謝を良くするというものです。また、ダイエットにも効果的です。5. 濡れタオルでこまめに拭く5つ目は最も基本的なもので汗を「濡れタオルで拭く」というもの。今回紹介した対策の中で最も難易度が低いです。 臭いの原因は皮膚に残った雑菌で、乾いたタオルでは雑菌をとることができないのです。濡れたタオルで汗を拭くことで雑菌を取り除きましょう。 ちょこっとしたことで臭いは防げるもの。夏本番になる前にちょこっとした努力を始めてはいかがでしょうか。 「気になる『臭い』がみるみる消える100のコツ―ワキ、足、口の臭いから生活臭、服の臭いまですっきり(主婦の友社)」の詳細を調べる 元記事をビーカイブで確認! ■関連記事:あなたは臭っていませんか? 簡単?臭い防止法寝ても疲れが取れない人は姿勢から見直してみよう。…

「仮面ライダーゴースト」Vシネ主役はスペクター!マコト×アランの裏エピソードも

特撮ドラマ「仮面ライダーゴースト」の2号ライダーである、深海マコト/仮面ライダースペクター(山本涼介)が主役のスピンオフとなるVシネマ「ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター」が、4月19日に発売されることが明らかになった。 【写真】スペクター役の山本涼介 25日に最終回を迎えたばかりの同作は、一度死んでゴーストとしてよみがえった主人公・天空寺タケル(西銘駿)が仮面ライダーゴーストとなって戦う物語だ。今回のVシネは、タケルが実の兄のように慕うマコトが主役。テレビシリーズのラストで、異空間”眼魔の世界”に旅立ったマコトとアラン(磯村勇斗)たちが描かれる。 マコトとアランの出会いから友情が結ばれるエピソードと、劇中でカギとなった存在である”もう1人のマコト”につながる、マコトと妹・カノン(工藤美桜)の秘密が明らかになるといい、テレビシリーズでは語り尽くされなかったストーリーの裏側に期待が高まる。 脚本は福田卓郎が手掛け、監督は上堀内佳寿也が務める。また、初回生産限定版には、オリジナルのキャラボイス入りのDXシンスペクターゴーストアイコンが付属する。 Vシネマ「ゴーストRE:BIRTH 仮面ライダースペクター」は4月19日発売 通常版DVD:4,500円+税 ブルーレイ:5,500円+税 初回生産限定盤DVD:8,000円+税 ブルーレイ:9,000円+税

Page 2 of 36012345...102030...Last »