DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

性同一性障害の現代アーティストを彼から彼女になる8年間を『ウォーターボーイズ』俳優・松永大司監督が描く力作上映

性同一性障害の現代アーティスト・ピュ~ぴるの2001年~2008年の8年間を追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』が、オランダで開催中の第40回ロッテルダム国際映画祭の特集上映「アウト・オブ・ファッション」のオープニング作品に選ばれ、現地時間27日、上映のほかピュ~ぴるのパフォーマンスが行われた。 同作品は、クラブで目立つために独創的なファッションを自ら作成していたピュ~ぴるが、国際的アーティストへと羽ばたいていく姿を、長年の友人である松永大司監督がカメラに収めたもの。クラブ仲間だった2人が偶然再会した2001年当初、松永監督は映画『ウォーターボーイズ』(01)などで俳優として活躍する一方、映画監督も志していたという。それを知ったピュ~ぴるが「じゃ、私の生き様を撮って」と映画製作を依頼したことがきっかけだという。着地点の見えない中でスタートしたが、アーティスト・ピュ~ぴるの成長のみならず、去勢手術を受けて「彼」から「彼女」へと大きく変ぼうしていく過程や、そんなピュ~ぴるを見守る家族たちの葛藤なども赤裸々にカメラの前で明かされており、性同一障害に対する理解を深める上での貴重な記録となった。 映画はすでに韓国・全州国際映画祭やフランスのパリ映画祭などでも上映されているが、松永監督とピュ~ぴるが2人揃って映画祭に参加するのは初めて。特にピュ~ぴるは、映画祭そのものが初参加とあって「上映中は、自分でパフォーマンスする時よりもドキドキしちゃった」という。しかし終わってみれば、オランダは同性結婚を認めているセクシャルマイノリティに寛大な国だけあって、温かい拍手に包まれた。 上映後の質疑応答で、映画の感想を聞かれたピュ~ぴるが「この8年間走り続けて来たので、忘れていた当時の気持ちを思い出し、自分のことながら涙を流してしまいました」と答えると、会場から「おぉ……」と同情のため息がもれた。さらに劇中、ピュ~ぴるが失恋を経験することから「今、彼氏はいますか?」という直球の質問が飛んだ。恥じらいながら「ハイ、います。今、幸せです」と答えると、良かった! と言わんばかりの拍手まで沸き起こった。 松永監督は「カメラを回し始めたころは焦点も合ってないような映像だったけど、8年間で映画作りの勉強になったし、去勢手術の同意書にサインをするなど普通なら体験出来ないような経験もさせてもらった。何より、カメラの前でこれだけさらけ出してくらたピュ~ぴるに感謝したい。彼女の力なしでは、映画は成立しなかったと思う」としみじみ。一方、本作の上映に合わせて、ロッテルダム市内にあるボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館で作品も展示されているピュ~ぴるも「映画を撮って欲しいとは思ったけど、発表の場がこんな所になるとは思ってもみなかった。これからも死ぬまで、自分が生きた証を残せるよう、美しいモノを作り続けて行きたい」とアーティストとして新たな刺激を得たようだった。 松永監督はすでに『ピュ~ぴる』の続編の製作に入っている。 映画『ピュ~ぴる』は3月26日(土)よりユーロスペースにて公開

トップレスで日光浴のパリス・ヒルトン 写真を撮ったパパラッチを「変態」と激怒

ヨーロッパでバカンスを楽しんでいるパリス・ヒルトンがトップレス姿をパパラッチに撮られ、激怒している。 パリス・ヒルトン出演映画『REPO! レポ』写真ギャラリー パリスはサルディニア島沖に停泊させた豪華ヨットの上でトップレスで日光浴を楽しんでいたところを激写されたようで「注意。海のど真ん中でも、変態パパラッチが漁船から隠れて写真を撮る可能性あり」と、パリスはツイッターで発信している。 ここのところのパリスはニュースになることが多い。サッカー・ワールドカップの会場でマリファナ所持疑惑で逮捕されたと報じられたほか、フランスに入国する際に1ミリグラム以下だったものの、マリファナが荷物から見つかったことで警察から聴取を受けている。しかし、両方とも逮捕はされていないと本人は主張。「出回っているウワサにケリをつけるために言っておくわ。わたしが逮捕されたという報道はウソよ!人生で一番のバケーションを楽しんでいて、最高の夏よ!すべてのことに恵まれていると感じているし、感謝しているわ。人生って最高!みんなも夏休みを楽しんでね。愛しているわ!」と、友人やファンなど、ツイッターのフォロワーにメッセージを送っている。

千秋、元夫のココリコ・遠藤から直伝のコマネチをブログで披露!?「女だてらにちょっと似てるのがムカつくでしょ」

タレントの千秋が、元夫のココリコ・遠藤章造から直伝されたという「コマネチ」のモノマネをブログで披露している。「よく家でやってたので、女だてらにちょっと似てるのがムカつくでしょ」と千秋もその出来栄えには自信のある様子だ。 千秋が声優出演!『映画ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』場面写真 千秋がコマネチのモノマネを披露しているのは、10月17日付のブログ記事。今月16日まで開催されていた世界体操東京2011に関連して、ビートたけし(北野武)のギャグ「コマネチ」の元ネタとなったナディア・コマネチと会ったことを明かすと、「本物の、あのコマネチさんに会えた。なので、たけしさんのあのギャグ、やって下さい、みたいに話す時に、思わず自分でもやっちゃったよ」と本人の目の前でコマネチを披露したことを告白している。 ブログにもこのときの画像は掲載されているが、千秋によると、このギャグは元夫のココリコ・遠藤が家でやっていたのをまねしたものだそうで、「よく家でやってたので、女だてらにちょっと似てるのがムカつくでしょ」と出来には自信がある様子もみせている。

相澤仁美らグラドルが、体当たりで野菜の魅力をPR! | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

ニコニコ生放送の新番組『マイファーマーチャンネル』の初回収録が、東京・代官山マルシェ内特設ブースで行われた。 “安心、安全”な農家直送の野菜を販売するネット通販・マイファーマーが月2回、代官山マルシェで直売するのにあわせ、公開収録方式で行われる生放送番組。 初回は、人気グラビアアイドル・橋本マナミ、ミュシュラン3星を8年連続受賞した料理人・神田裕行がゲストとして登場。 会場のレポートコーナーでは、神田が兵庫県・淡路島の玉ねぎの美味しい食べ方などについて披露。橋本も美味しいと絶賛していた。 またレギュラーメンバーであるグラビアアイドルの愛川ゆず季、相澤仁美、みほ、松本由理が”セクシーすぎる野菜食い競争”で対決するシーンも。 野菜食い競争で優勝した相澤仁美は「おナスが大きすぎて、入らなかった」、「おナスは毎日食べています」といった意味深発言で、会場を盛り上げた。 今回キャスティングも担当した、出演者の二宮歩美は番組の意図をこう語る。 「野菜の魅力はもちろん、グラビア業界を盛り上げたいという思いで、今回キャスティングを行いました。アラサ―グラドルの多くは、女性としてのスキルをあげたいと思っています。この番組で野菜の魅力を伝えながら、私たちも料理の腕などのスキルを上げられれば」 AKB48など異業種のグラビア参入で、窮地に追い込まれているグラドルアイドルたち。 「特にアラサ―グラドルは厳しい状況。その上、年齢を重ねている分良いものも知っているだけに、なかなか結婚に踏み出せない。でもこの番組を通じて食育を学ぶことで、メンバーが結婚や出産に興味を持ち、経験して興味次世代に繋いでいければと思っています」

北川景子、「24歳ナマケモノ」な自堕落生活激白!食っちゃ寝でもリバウンドは気にしない!

男性のみならず女性にも人気を誇る女優・北川景子が現在、のんびりとスタイルを気にすることもない食っちゃ寝の生活をしていることをブログで報告している。先日主演映画『パラダイス・キス』がクランク・アップした北川は、仕事が一段落したようで、ちょっぴり自堕落な生活に快感を見いだしているようだ。 期待に胸が高鳴ります! 映画『パラダイス・キス』場面写真 珍しく2週間以上の間が空いての更新となった11月14日のブログ記事で、北川は「今は作品に入ってないので、制約がなくて気楽な日々です。久しぶりに役の事も何も考えずにただの24歳のナマケモノになっています」と休息期間に入っていることを報告。これまでは仕事の関係でいろいろと我慢していたらしく、「もう痩せている必要も無いのでひたすら好きな物を食べ続けお菓子もお酒も再開、ジムはストップ。仕事以外は人に会わず、家で何にもせずに兎に角ゴロゴロ、ぐーたら食っちゃ寝するという最高の生活を送っています」と思うままの生活を満喫しているようだ。 今年に入ってからの北川は、テレビや雑誌で見かけない日はないのでは? と思うほどの精力的に仕事をこなしており、映画に関しても来年公開予定の『パラダイス・キス』のほかに、『瞬 またたき』『死刑台のエレベーター』に出演するなど、女優として大躍進。ブログでも「夏から3ヶ月本気で仕事頑張ったから今は何にも努力したくないよん。(笑)デビュー以来初の”ちょっと休憩したい病”が発病してます。(笑)」とこの休息期間は、自分へのごほうびという意味合いがあることも明かした。 抜群のスタイルが同性のあこがれにもなっている北川だが、「リバウンドが半端なさそうですが、今は気にしない!」とブログで宣言しているように、普段から見事なプロポーションを維持するための努力は欠かさなかった様子。来年1月期でテレビドラマ主演を果たすことも報告しており、「まだ先とは言えインも近づいてきているので、太りすぎないようにしないといけませんね。(笑)」と自身への戒めは忘れていないが、撮影に入るまでのしばらくは、心も体ものんびりするようだ。

舘ひろし、紳士なトラック野郎「銀ちゃん」に変身!デビュー40年すぎて新境地

俳優の舘ひろし(66)が、9月26日にTBS系で放送される月曜名作劇場「天下御免のトラック野郎 銀ちゃんの事件街道」(よる9時)で、「トラック野郎」役に挑戦することが明らかになった。昨年、芸能活動40周年を迎えた舘にとっても、新たな挑戦となり、「舘ひろしがトラック野郎? でも意外だから面白いと思っていただける作品になったらうれしいです」と語っている。 本作で舘が演じるのは、見た目はダンディーだが、中身は情に厚く涙もろい平成のトラック野郎・竜崎銀之助、通称「銀ちゃん」。眩しい電飾と、ド派手な極彩画でデコレーションされた長距離トラック「デコトラ」を駆り、「交通ルールを守って、時間厳守で確実に荷物を届ける」をモットーに日本全国へ荷物を運ぶドライバーだ。 ハンドルを握ると紳士にある銀ちゃん ハンドルを握ると「とても優しくて慎重な紳士」になり、渋い容姿と立ち居振る舞いから非常にもてる、大の女好きという銀ちゃん。なぜか恋愛対象の女性と二人きりという状況に耐えられない欠点を持つ「女が苦手な女好き」でもあり、舘のさまざまな魅力を楽しめる役どころになりそうだ。 「スカジャンにサングラスとチョッと不良っぽい感じ」な銀ちゃん役に舘は、「あれ? 昔に戻っちゃった、みたいな……。自分を顧みると、わりと似ているような気がしました」と笑顔。「本があがり、これだったら謎の男の方が面白いかなとか、どんなデコトラにするか……やるんだったらアメリカンコミックっぽいデコトラが楽しいかな……とか、それなりに僕も考えながら作品ができあがりました」と思い入れたっぷりに語っている。 友近、舘ひろし、星田英利 物語は、ミステリー、アクション、温泉・ご当地グルメ、笑いあり涙ありの人情話、さらに難事件を抱えてデコトラの助手席に乗り込んで来るマドンナとの恋愛などツボを押さえた構成。銀之助の仲間でもあるデコトラ運転手役で友近、星田英利が出演するほか、中村静香、齋藤めぐみ、田中健、高杉亘、川野太郎、金児憲史、矢野浩二、未唯mieなどが登場する。

坂本龍一が感謝の弔辞 大島監督は「僕のヒーロー」

15日に肺炎のため亡くなった大島渚監督の告別式が22日、築地本願寺で行われ、映画『戦場のメリークリスマス』に出演し、音楽も担当した坂本龍一が弔辞を読んだ。 大島渚監督葬儀・告別式の様子 弔辞で坂本は、大島監督に『戦場のメリークリスマス』出演を依頼された当時を振り返り、出演を承諾する代わりに「わたしに音楽をやらせてください」と言ったことを明らかにした。大島監督の返事は「いいです。お願いします」だったと述懐すると、「そこから全てが変わりました」と大きなターニングポイントでもあったことを振り返った。 そして坂本は、大島監督が亡くなったことで「日本はもう少しつまらないものになってしまったのかもしれません」と語ると、「あなたの全てにありがとう」と締めくくった。またその後の囲み取材で坂本は、大島監督のことを「僕にとってのヒーロー」と呼び、弔辞で触れた出演依頼のことも「(音楽をやらせてと言った)自分も大胆だが、即答した大島さんもなんて大胆な方だ」と当時の心境を語った。 この日、坂本のほか弔辞に立ったのは、松竹株式会社代表取締役の大谷信義、映画監督の篠田正浩、ジャーナリストの田原総一朗、日本映画大学学長の佐藤忠男、作家の澤地久枝の5名。篠田監督は、作品の制作や上映する上で、度々困難に直面しながらそれを乗り越えた大島監督のことを「あなたは現実推進主義者です」と評し、田原は「われらが世代の最高の映画監督、昭和が生んだ最高の芸術家」と称えていた。

チャーリー・シーン、『メジャーリーグ』に出演した際に、ステロイドを使用していたことを認める「僕の直球は137キロだった」

映画『プラトーン』や『ウォール街』などで名をはせ、近年は作品よりも破天荒な私生活のほうが話題になっているチャーリー・シーンが、自身の作品『メジャーリーグ』に出演した際に、ステロイドを服用して参加したことがエンターテインメント・ウィークリーによって明らかになった。 これは、最新版のスポーツ・イラストレイテッド誌のインタビューにチャーリーが答えたもので、彼は「(撮影時に)一度だけステロイドを使用したんだ。おそらく6~8週間使用していた。僕の直球はそのおかげで、79マイル(127キロ)から85マイル(137キロ)になったんだ!」とコメントを残したそうだ。 さらに彼は「(ステロイドの使用で)普段より、(自分は)もっと小うるさくなった。あのときは、エゴと虚栄心からそのステロイドを服用したんだ」とも述べた。 そして、当時彼が演じたキャラクター、リッキー・ボーンの特徴のある髪型が、酒場などでチャーリーが飲んでいるときに、よく話の種にされてしまうため、それが嫌いであることも告白したそうだ。 ただ最後にチャーリーは「(同映画を監督した)デヴィッド・ウォード監督はクラシック作品を作った。野球が世界ではとても重要な位置にあるからね」と締めくくった。 もちろん、彼が当時からドラッグを使用していても何も驚きはしないが、演技のために薬物を使用していたのは多少意外だった。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

ヴィオラ・デイヴィス、マイケル・マン新作に出演か?

映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』で2011年アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたヴィオラ・デイヴィスが、マイケル・マン監督のタイトル未定の最新作で、主演女優として出演交渉が進んでいるとDeadline.comが伝えた。 映画『ヘルプ ~心がつなぐストーリー~』フォト マン監督が手掛けるのは、インターネット犯罪を題材にした映画で、今年の5月から中国で撮影開始の予定だという。主演男優はクリス・ヘムズワース、デイヴィスにオファーされているのはFBI捜査官役とのこと。 デイヴィスは、ハリソン・フォードと共演のSF映画『エンダーズ・ゲーム / Ender’s Game』が現在ポストプロダクション中で、11月1日に全米公開予定。ヒュー・ジャックマンやジェイク・ギレンホールと共演の映画『プリズナーズ / Prisoners』も同じくポストプロダクション中で、9月20日に全米公開を控えている。

西郷輝彦、娘・辺見えみりの妊娠に大喜び!

歌手・俳優の西郷輝彦が、娘・辺見えみりの第1子妊娠を祝福している。7日夜に西郷はツイッターでえみりの妊娠に触れると、「こいつぁ春から縁起がいいわい!」と喜んでいる様子だ。 7日、西郷はツイッターで娘・えみりの妊娠に言及。さらには息子・鑑孝が入籍したことも明かし、「えみりがおめでたのようです*\(^o^)/* 息子の鑑孝も入籍。私もデビュー50周年。こいつぁ春から縁起がいいわい! それぞれよろしくお願い申し上げます」とツイートした。 年始のブログで西郷は「今年はやる事が多くて嫌になる。妙なプレッシャーにからまれそう。身体持つかな。でも、嬉しい。なんかありそうだ」とつづっていたが、早くもその予感が現実のものになった。 橋幸夫、舟木一夫と共に「御三家」と称された西郷は、歌手・女優の辺見マリと1972年に結婚。長男・鑑孝、長女・えみりの一男一女をもうけた後、1981年に離婚している。

Page 20 of 349« First...10...1819202122...304050...Last »