DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

謎のエヴァ無号機が登場!『アップルシード』監督の「エヴァ」作品予告編!

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズなどで知られるスタジオカラーとドワンゴが展開するウェブ配信シリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の第12話「evangelion:Another Impact(Confidential)」の予告編が公開され、劇中において、謎のエヴァシリーズ「無号機」が登場することが明らかになった。 映画『アップルシード アルファ』『キャプテンハーロック』などで知られる荒牧伸志が監督を務める本作。予告編は、タイトルと「CONFIDENTIAL」の文字と共に、CGで描かれた謎のエヴァシリーズのビジュアルが映し出されるのみとなっている。 劇中では「『別』の世界で起動したエヴァの、暴走と咆哮の物語」が展開するといい、タイトルの通り、本編とは別の世界における「Another No.=無号機」の暴走と機体に秘められた謎が描かれるようだ。 「日本アニメ(ーター)見本市」ロゴ 「無号機」のデザインは、映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』などのメカニックデザインを務めた竹内敦志が担当。CGディレクターは松本勝、さらに映像スタジオとして、荒牧監督作品を中心に活動するSOLA DIGITAL ARTSと、あらゆるジャンルの映像制作を手掛けるスティーブンスティーブンが名を連ねる。 「日本アニメ(ーター)見本市」は、日本のアニメーションの可能性を追求するべく、ジャンルを問わない短編オムニバス作品を配信する企画。「evangelion:Another Impact(Confidential)」本編は2月6日配信予定。また9日には、荒牧監督をはじめとする製作陣が制作秘話や作品に込めた思いを語る番組「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」がニコニコ生放送で配信される予定だ。 「evangelion:Another Impact(Confidential)」本編は 2月6日「日本アニメ(ーター)見本市」公式サイトにて配信予定ニコニコ生放送 「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」第12回は2月9日 22時~23時配信予定

『バイオハザード』歴代最高のオープニングで初登場1位!生田斗真『土竜の唄』も初登場【映画週末興行成績】

クリスマスに重なった土日2日間(12月24~25日)の全国映画動員ランキングを26日に興行通信社が発表し、人気シリーズ完結編『バイオハザード:ザ・ファイナル』が初登場1位を獲得した。 ローラ出演シーン 先週末の成績は動員40万1,000人、興行収入6億1,900万円を記録。本シリーズの最終興収は1作目が23億円、2作目が27億円、3作目が28億5,000万円、4作目が47億円と右肩上がり。5作目は38億1,000万円と数字を下げたが、コンスタントに大ヒットを記録している。 また、23日祝日の初日を合わせた3日間成績は動員64万3,754人、興収9億7,815万5,900円。シリーズ最高興収をマークした4作目の週末3日間興収比で110%と最高のオープニングとなった。これまで秋に公開されてきた同作だが、今回は初の正月興行。劇場には中高生の姿が多く見られ、正月休み中の動員も見込まれる。興収のローカルシェアは全体の70.2%と全国的にヒットしており、歴代最高の最終興収が期待されている。 人気コミック「土竜の唄」を三池崇史監督、宮藤官九郎脚本、生田斗真主演で実写映画化したシリーズ第2弾『土竜の唄 香港狂騒曲』は動員約15万8,000人、興収約2億2,300万円で5位に初登場。観客の男女比は46.2対53.8とほぼ半々で、20代が29.9%、10代が22.3%、40代が17.3%、50代が15.3%、30代が11.3%と幅広い年齢層が支持。複数回答可能のアンケートでは、鑑賞動機として「前作が面白かった」が69.1%、「生田斗真が好き」が34.4%となった。 来週以降の巻き返しにも注目の『ローグ・ワン』。(C) 2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 先週、首位デビューを果たした『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』は2位にランクダウンしたが、累計動員107万5,036人、累計興収11億9,950万4,000円と動員100万人、興収10億円をそれぞれ突破。3位の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』も好調で、累計動員126万2,440人、累計興収19億6,159万1,300円と興収20億円突破も間近だ。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は累計動員384万5,220人、累計興収55億1,510万4,100円。『君の名は。』も累計動員1,640万7,833人、累計興収213億2,769万9,900円を記録している。 お正月映画がほぼ出そろった激戦区にあって、『この世界の片隅に』が公開7週目にしてベストテン圏内をキープ。口コミなどで評判が広がり、63スクリーンで始まった興行も、今週末は106スクリーンでの上映が決定している。正月興行でどこまで成績を伸ばすのかにも注目される。 今年最後の公開作品は『MERU/メルー』と『甲鉄城のカバネリ 総集編 前編 集う光』がそれぞれ31日公開となっている。 【2016年12月24~25日の全国映画動員ランキングトップ10】※()内は先週の順位1(初)『バイオハザード:ザ・ファイナル』:1週目2(1)『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』:2週目3(2)『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』:2週目4(3)『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』:5週目5(初)『土竜の唄 香港狂騒曲』:1週目6(4)『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』:2週目7(6)『君の名は。』:18週目8(5)『海賊とよばれた男』:3週目9(7)『仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴーストwithレジェンドライダー』:3週目10(10)『この世界の片隅に』:7週目

エマ・ワトソン、ディズニー実写版『シンデレラ』に出演か?

映画『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンが、ディズニー製作の実写映画『シンデレラ / Cinderella』に出演する交渉が進んでいるとVarietyが報じた。 ダニエル・ラドクリフとお似合いだったエマ・ワトソン、写真ギャラリー 監督は、『ハリー・ポッターと秘密の部屋』で、ワトソンと共演したイギリスの俳優で監督のケネス・ブラナー。意地悪な継母役にはケイト・ブランシェットが候補に挙がっているとのこと。なお、撮影時期は未定。 ワトソンは今年6月に、ソフィア・コッポラ監督が手掛ける、実際にあったセレブの家ばかりを狙った強盗団を題材にした映画『ザ・ブリング・リング / The Bling Ring』が全米公開予定、セス・ローゲンが共同監督と共同脚本、出演まで果たすコメディー映画『ディス・イズ・ジ・エンド / This Is the End』も6月に公開されることになっている。 さらに、ラッセル・クロウと共演の映画『ノア / Noah』が現在ポストプロダクション作業中で、2014年3月に全米公開が予定されている。

故ゲイリー・マーシャル監督×ジュリア・ロバーツ『マザーズ・デイ』、日本劇場公開へ!

映画『プリティ・ウーマン』『プリティ・プリンセス』などを手掛け、今年7月19日に亡くなった名匠ゲイリー・マーシャル監督による生涯最後の作品『マザーズ・デイ』が、2017年1月からヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて開催される「未体験ゾーンの映画たち2017」内で上映されることが明らかになった。 美しい…!ジュリア・ロバーツ【写真】 マーシャル監督の『バレンタインデー』『ニューイヤーズ・イブ』に続く、「ホリデイ3部作」の完結編にあたる本作。子育てと仕事に奔走するシングルマザー、国際結婚と同性愛結婚を選択した姉妹、自分の出生の秘密を知ってしまった未婚の新米ママ、最愛の妻を亡くした二児の父親……それぞれに悩みを抱えた人々が、1週間後にせまった「母の日」をめぐって予期せぬ出来事に翻弄されながらも、幸せへのヒントを見つけていく心温まるストーリーだ。『プリティ・ウーマン』でもタッグを組んだジュリア・ロバーツをはじめ、ジェニファー・アニストン、ケイト・ハドソン、ジェイソン・サダイキスといった豪華キャストが名を連ねている。 本作を上映する「未体験ゾーンの映画たち2017」とは、様々な理由で日本公開が見送られてしまう傑作・怪作映画を、映画ファンにスクリーンで体験してもらうべく、2012年よりヒューマントラストシネマ渋谷をメイン会場として開催している映画祭。年々規模を拡大し、2017年も新年の幕開けとともに各国のあらゆるジャンルから厳選された、過去最多となる全63本にもおよぶ劇場未公開作品が一挙上映される。 「未体験ゾーンの映画たち 2017」は2017年1月7日よりヒューマントラストシネマ渋谷、1月21日よりシネ・リーブル梅田で開催映画『マザーズ・デイ』は2017年1月31日より公開

全米監督組合賞テレビ部門発表 「ゲーム・オブ・スローンズ」「ディセンダント」など

全米監督組合(DGA)賞のテレビ部門が発表され、「ゲーム・オブ・スローンズ」のデヴィッド・ナッター監督がテレビシリーズ(ドラマ部門)で受賞を果たした。 テレビドラマはエピソードごとに監督が異なることが多く、全米監督組合賞では、とりわけよかったエピソードの監督とその撮影チームが選ばれ表彰される。 今年は、バドワイザーのクライズデールのコマーシャルを含め、何千ものコマーシャルを監督し、映画『SPACE JAM/スペース・ジャム』でも知られるジョー・ピトカ監督に生涯功労賞が贈られている。 第68回全米監督組合(DGA)賞テレビ部門の主な受賞結果は以下の通り。 ■テレビシリーズ(ドラマ部門)「ゲーム・オブ・スローンズ」第5シーズン第10話 「慈母の慈悲」デヴィッド・ナッター監督 ■テレビシリーズ(コメディー部門)「ヴィープ / Veep」第4シーズン第10話 「エレクション・ナイト」クリス・アディソン監督 ■テレビシリーズ(子供向け部門)「ディセンダント」 ケニー・オルテガ監督 ■テレビ映画「BESSIE/ブルースの女王」 ディー・リース監督

ダレノガレの白ビキニ写真に「細すぎ」の声が続々

モデルでタレントのダレノガレ明美が13日、抜群のスタイルにセクシーさが漂う”白ビキニショット”をInstagramなどで公開。「細すぎ」「スタイルやばすぎ」と大反響を呼んでいる。 【写真】ダレノガレ、セクシー衣装で… ツイッターで「女の旅…in シンガポール☆」と報告したダレノガレは、SNSを通じて旅の様子を公開。小麦色の肌に際立つ純白のビキニ姿を「気持ち良い(*^_^*)」などのコメントを添えた複数枚の写真で披露している。後ろ姿で体のラインがあらわになった写真には「くびれ最高」「パーフェクトボディすぎて圧巻」「後ろ姿がセクシー!」といったファン興奮のコメントが寄せられ、そのほか「ほっそ!!」「おしりちっちゃ!ウエストほっそ!きれい!」「やせすぎーー!」とダレノガレのスタイルに驚きの声が続々と上がっている。 先日、ウエストが約80センチあったという、太っていたころの写真を公開したことでも話題になったダレノガレは、多くのバラエティー番組出演のほか、ファッション誌「JJ」のレギュラーモデルとして活躍中。初のスタイルブック「I’ll give you my all」が6月15日に発売される。

トヨエツが浮気三昧の夫に!薬師丸ひろ子が新妻の表情!行定勲監督、釜山で新作に手ごたえ!

第14回釜山国際映画祭(PIFF)で、『パレード』に続き、新作『今度は愛妻家』がお披露目された行定勲監督と、主演で夫婦を演じた豊川悦司と薬師丸ひろ子に現地で話を聞いた。 豊川悦司は、『新・仁義なき戦い』で訪れて以来PIFFは 2度目、薬師丸ひろ子は釜山は初めての参加という。 夫婦愛を描こうとしたきっかけは「日本映画のターゲットは若年層が中心で、『大人が楽しめる作品が少ない』という嘆きをよく耳にします。僕も年齢を重ねてきて、同世代の俳優さんたちと豊かな映画を作りたいと思いました」と行定監督。主演二人のキャスティングについては「原作が戯曲なのですが、舞台版とはまったく違うタイプをと最初からイメージしていました。背の高い豊川さんと、小柄な薬師丸さんというある種の夫婦のバランスも決め手です」とのこと。 一方、浮気三昧の夫を演じた豊川は「監督に対する信頼感が大きかったです。薬師丸さんとは以前も共演していますし、ノビノビとやれました」とコメント。妻役の薬師丸も「事前にリハーサルが念入りにできたので、監督や豊川さんとの呼吸もよくわかって、撮影はとても楽しかったです」と、まるで新妻のような初々しい笑顔を浮かべて語る。 海外の映画祭に参加することは「映画という世界言語を共有する、国際親善だと思います」という薬師丸。真の映画ファンが集まるPIFFはもちろん、「韓国でソウル以外にもうひとつ、ゆっくり休みたいと思える場所に出合えたことがうれしい。ドラマ『恋人』『パリの恋人』のキム・ジョンウンさんなど、韓国には刺激を受ける女優さんも多いですから」と、釜山滞在を心から楽しんだ様子だった。『今度は愛妻家』は2010年1月16日、全国公開予定。

藤原紀香、アップのすっぴん公開!「美しすぎる」とファン絶賛

女優の藤原紀香(43)が3日、アップのすっぴん写真をブログで公開した。くっきりとした目鼻立ちとつやつやの肌が印象的なすっぴん姿に、ファンからは「すっぴん美しすぎる!」「透き通るようなお肌素敵です!」「桁違いの綺麗なお肌」「惚れ惚れしちゃいます」と絶賛の声が寄せられている。 藤原紀香のダイナマイトボディー!フォトギャラリー 藤原は同日朝6時に起きてウォーキングしたと切り出すと「すっぴんだよ」と2枚の写真をアップ。キャップをかぶって眼鏡をかけているものの、さすがのオーラを醸し出している。ウォーキング後は友人と神社にお参りしたといい、「うーん。気持ちよかった」とつづるなど早朝から充実した時間を過ごしたことをうかがわせている。 コメント欄には「美しい紀香さんがさらに努力されているのを見ると刺激になります!」「めっちゃ!早起きですね」「これからも美のメッセージ楽しみにしています♪」など、藤原のすっぴんの美しさを絶賛する声に加え、彼女の美への意識の高さに感銘を受けたファンからの声が集まっている。 藤原は日本・マレーシア共同製作の紀行番組「Find the WASABI! ~NORIKA’s hunters~」(TBS系)に出演中のほか、7月~8月に上演されるミュージカル「南太平洋」に主演することも決まっている。

キンタロー。が東京ガールズコレクションに初登場!「おまけ」扱いでも派手にパフォーマンス

お笑い芸人のキンタロー。が2日、「第16回 東京ガールズコレクション 2013 SPRING/SUMMER」(TGC)に初参加を果たし、得意の元AKB48前田敦子のモノマネで会場を沸かせた。 スタイル抜群のローラや道端アンジェリカも!TGCフォトギャラリー しまむらが展開するブランド「Avail」のステージの最後、スクリーンに大きく「おまけ。」という文字が出たかと思うと、キンタロー。が登場し「フライングゲット」のダンスを披露。得意の前田敦子のモノマネで「中にはわたしのことが嫌いな人もいると思います。わたしのことは嫌いでも『Avail』のことは嫌いにならないでください!」とブランドをしっかりアピールした。 2005年から年2回開催されているTGCも今回で16回目。人気モデルやゲスト総勢100名以上が参加した今回のテーマは「This is THE FASHION FESTA!」。自分自身が一番輝いていられるスタイルを提案した。

「ハリー・ポッター」新作が圧勝!「ROOKIES -卒業-」も好発進-12月7日版【週間レンタルランキング】

TSUTAYAのDVDレンタルランキング(全ジャンル)で、映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』が初登場で首位を獲得した。テーマパークの開園から、主演ダニエル・ラドクリフの大麻吸引疑惑まで、常に話題に事欠かない本シリーズだが、日本での興行成績は下降気味とあって、今回のDVDリリースに関しては過去最大級の宣伝を展開。シリーズ6作目となる本作をきっかけに、2010年冬の最終章映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』を盛り上げる下地作りを進めたいところだ。 映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 第3位に初登場したのは、今年「ハリー・ポッター」をも超えるヒットを記録した映画『ROOKIES -卒業-』。最終的に85億円の興収をマークし(興行通信社調べ)、洋画邦画合わせた年間トップに輝いた本作は、DVD出荷数でも今年ナンバーワンを獲得し、文字通り、2009年を制覇したメガヒット作の貫録を見せつけている。今後、年末年始シーズンを迎え、長期間ランキング上位をキープするのは間違いないだろう。 今週もう1本の初登場作は、第4位の海外ドラマ「24 TWENTY FOUR シーズン7 vol.12」。かつての興奮を取り戻したと評判だったシーズン7の最終巻とあって、ファンがこぞって借り求めた結果、強豪ひしめくランキングで上位につけた。ちなみに20世紀フォックス ホーム エンターテイメントが「24 TWENTY FOUR」「プリズン・ブレイク」に続くドル箱を狙う海外ドラマ「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲 vol.1」のレンタルがついに開始され、今週11位に初登場した。以下、第2位に映画『ターミネーター4』(先週第1位)、第5位に映画『天使と悪魔』(先週第2位)、第6位に映画『余命1ヶ月の花嫁』(先週第3位)、第7位に映画『クローズZERO II』(先週第4位)、第8位に映画『ヤッターマン』(先週20位)、第9位に映画『ドロップ』(先週第10位)、第10位に映画『消されたヘッドライン』(先週第8位)という結果になった。 来週のランキングでは、人気フィギュアから派生したアクション超大作映画『G.I.ジョー』(12月11日レンタル開始)、名カメラマンである木村大作が初メガホンを取り、中高年層から熱い支持を集めた映画『劔岳 点の記』(12月11日レンタル開始)などが登場予定。映画『ハリー・ポッターと謎のプリンス』『ROOKIES -卒業-』の牙城(がじょう)を崩すことができるか、健闘を祈りたい。

Page 20 of 381« First...10...1819202122...304050...Last »