DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

人気テレビドラマをアニメ化!「スーパーナチュラル」の最新映像が日本独占先行公開!アニメならではの展開が!

人気海外ドラマシリーズをアニメ化した「SUPERNATURAL スーパーナチュラル THE ANIMATION」の最新映像が日本独占先行解禁された。海外の人気ドラマが日本のアニメスタジオよって完全アニメ化されるのは世界初の試みであり、アニメならではのスピード感が生かされた映像に仕上がっている。 アニメ「SUPERNATURAL スーパーナチュラル THE ANIMATION」日本独占先行映像 本作は、サムとディーンのウィンチェスター兄弟がアメリカ各地を回り、悪魔や霊といった存在を退治していくロードムービー仕立てのストーリー。今回解禁された映像では、実写版でできなかった、アニメならでは映像表現が満載。冒頭の森の中を疾走するシーンのスピード感や悪霊のビジュアルなどはオリジナルを踏まえながらも、さらにパワーアップしている。 今回の映像は、完成したばかりの第1話と第2話のシーンを抜粋して構成。サムとディーンのビジュアルは明かされていたが、アクションシーンがベールを脱ぐのは初めてということもあり、注目を集めるのは間違いなさそうだ。日本語吹き替えも実写版と同じ声優を起用しており、オリジナルファンも満足できるはず。さらには実写版に出演しているジャレッド・パダレッキとジェンセン・アクレスも英語版吹き替えを務めることが発表されており、世界観はそのままに、アニメーションとなった「SUPERNATURALスーパーナチュラル」を堪能することができる。 本作は、2005年より放送されているドラマ「SUPERNATURAL スーパーナチュラル」のシーズン1と2を、映画『REDLINE』『サマーウォーズ』のマッドハウスが完全アニメーション化したもの。実写版のエピソードを基にしながらも、サムとディーンの子ども時代や脇役を中心にしたアニメオリジナルエピソードも含まれており、アニメファンはもちろん、実写版のファンも楽しむことができるつくりになっている。 「SUPERNATURAL スーパーナチュラル THE ANIMATION vol.1」は2月23日にDVD、ブルーレイ同時発売 価格:980円(税込み)

ドウェイン・ジョンソン主演『ジュマンジ』新作、ボードゲームではなくビデオゲームに!

ドウェイン・ジョンソンが主演する映画『ジュマンジ』の新作タイトルは『ジュマンジ:ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル / Jumanji: Welcome to the Jungle』(日本語訳:ジャングルへようこそ)に決まったと、米ラスベガスのシネマコンで発表された。The Hollywood Reporter などが報じた。 動物がどんどん出てくる!『ジュマンジ』フォトギャラリー 故ロビン・ウィリアムズさん主演の『ジュマンジ』(1995)は、プレイの内容が現実となってしまう不思議なボードゲームが引き起こすハプニングを描いたファンタジーアドベンチャー。ドウェインいわく、『バッド・ティーチャー』のジェイク・カスダン監督がメガホンを取った今回の新作は「リブート」ではなく「前作に続く物語」だといい、”不思議なボードゲーム”は”不思議なビデオゲーム”に若干進化を遂げている。 物語は、居残りで学校の地下室の掃除をさせられていた高校生4人が「ジュマンジ」という名のソフトが入った古いビデオゲーム機を見つけてしまうところからスタート。それぞれプレイするキャラクターを選択するや、自分がそのキャラクターの体で実際にジャングルに居ることに気付き……。オタク高校生がドウェイン・ジョンソンの体に、高校の人気者の女子はジャック・ブラックの体になってしまうといい、ドウェインのオタク演技&ジャックのキュートな女子高生演技に笑わされることになりそうだ。 ドウェインは「俺たちの新『ジュマンジ』のゴールは、オリジナル版とロビン・ウィリアムズさんの遺産に敬意を表しながら物語を展開させ、この素晴らしくてクールな世界を新たな世代に紹介する、とても楽しいクリスマス映画を作ることだった」とInstagramで明かし、近々予告編も公開すると予告している。全米公開は12月22日。

永作博美が”ダーティ”なシングルマザー刑事に!新ドラマ「ダーティ・ママ!」で香里奈を振り回す!

女優の永作博美が、来年1月スタートの新ドラマ「ダーティ・ママ!」(日本テレビ系)に主演し、常識度外視の”ダーティ”なシングルマザー敏腕刑事にふんすることが明らかになった。初共演となる香里奈が乙女心を持つ見習い刑事役で出演し、正反対ともいえる二人のキャラクターから生まれる「本当の女の幸せとは何なのか?」というメッセージを、コメディータッチで描き出す。 香里奈出演の映画『うさぎドロップ』場面写真 「ダーティ・ママ!」は、「アンフェア」シリーズの原作者としても知られる秦建日子の小説「ダーティ・ママ!」「ダーティ・ママ、ハリウッドへ行く!」(河出書房新社・刊)を基に、検挙率ナンバーワンのシングルマザー刑事の活躍を軽快に描くコメディー・ドラマ。昨年第1子を出産した永作が出産後初めてとなる連続ドラマの主演を務め、自分のメリットになるならワイロや情報漏えいもいとわないという”ダーティ”でわがまま、かつ自己中心的な規格外の女刑事を愛嬌(あいきょう)たっぷりに熱演する。 公立の保育施設はキャンセル待ちで、私立の保育園は高すぎて無理! という事情から、生後11か月のわが子を連れて仕事をこなす主人公・高子(永作)。子どもを認知しない無責任な父親と戦い、保守的なサラリーマン体質の同僚男刑事たちと戦い、卑劣な犯罪者たちと戦いながらも、陰には孤独を隠している。そんな高子に子守を任される20代の見習い刑事・葵(香里奈)は、体育会系でありながら乙女な心を持ち、仕事も恋も、夢や希望でいっぱい。しかし、相棒となってしまった高子に振り回され、人生が思わぬ方向に……。キャラクターの違う二人がぶつかり合うことにより浮かび上がり、それぞれの視点で描かれる「本当の幸せ」探しが、本ドラマの最大の見どころとなっている。 「必死に生きている女性」。そう自身の役柄を分析した永作は、初共演となる香里奈について、「性格もさっぱりした方だと思うのでお芝居で対面したときも素直に出してくれるんじゃないか」と印象を語り、楽しみにしている様子。一方の香里奈は、「どんくさい女の子」と自身の役柄を表現しながらも、「視聴者の皆さんの意見を代弁するような女の子になればと思います」と意気込んでいる。また、永作との共演は「恐縮ですが、かねてからご一緒させていただきたいと思っていた大先輩だったので、とてもうれしかったです」と喜びを爆発させた。 同ドラマのプロデューサーは、永作の起用について「いつかご一緒したいと思ってオファーを続けてきた」と明かし、せっかく得たこの機会に今までの永作のイメージを壊すぐらいの作品にしたいとコメント。また、「誰もが共感できる女優さんがどうしても必要だった」と同世代の女性から圧倒的支持を得ている香里奈について明かし、永作との名コンビぶりに期待を寄せた。永作が「笑ってもらって、ドキドキしてもらって、怒ってもらって……楽しんでいただけたらうれしいですね」と語る本ドラマ。二人の新境地となりそうだ。 新ドラマ「ダーティ・ママ!」は2012年1月、毎週水曜日22:00から日本テレビ系にて放送

ヒュー・ジャックマンが、トニー賞受賞のミュージカルを映画化か?

映画『レ・ミゼラブル』、『ウルヴァリン:SAMURAI』などでおなじみのヒュー・ジャックマンが、トニー賞受賞のブロードウェイ作品「ドラウジー・シャペロン / The Drowsy Chaperone」の映画化に興味を示していることがEntertainment Weeklyや複数のメディアによって明らかになった。 舞台は日本!映画『ウルヴァリン:SAMURAI』フォトギャラリー 同舞台は、ボブ・マーティンとドン・マッケラーが脚本を執筆し、作詞/作曲はリサ・ランバートとグレッグ・モリソンが担当した作品で、1998年にトロントで初公演され、2006年の5月1日からブロードウェイで上演されていた。2006年のトニー賞でミュージカル脚本賞、オリジナル楽曲賞などを受賞した。 そのストーリーは、一人暮らしのミュージカル好きの中年の男が、日頃の嫌なことの憂さ晴らしのために、彼が気に入っていた1920年代のヒットミュージカル「THE Drowsy Chaperone」のレコードを自宅でかけていると、男の部屋が「THE Drowsy Chaperone」の世界に変わっていくというもの。 今回の企画についてヒュー・ジャックマンは「今作のオリジナルのブロードウェイ舞台は、すごく面白くて、素晴らしく、とても楽しめた。僕はアルドルフォを演じることになる。どのように映画に変換させていくかはわからないが、現段階の脚本は素晴らしい。これから彼ら(製作会社)は、映画を製作していくことになるだろう。まだ全ては整っていないが、彼ら(製作会社)は僕に交渉しにきている。僕も興味を持っているんだ」と明かしている。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

M・ダグラス、A・ミラーの戯曲を映画化

マイケル・ダグラスが、アーサー・ミラーの戯曲「ザ・ライド・ダウン・マウント・モーガン」を映画化、出演することが決まった。内容は二人の女性と結婚し、両方の妻の家を10年間に渡って通い続けていた男の話。彼がモーガン山で事故を起こして病院に担ぎ込まれたことから、二人の妻は初めて重婚に気付くという皮肉を交えたコメディだ。舞台では、この戯曲は1991年にロンドンで初めて公演され、ブロードウェイでは『X−メン』のパトリック・スチュワートが主人公に扮した。

レッチリ、ハーフタイムショーは生演奏ではなかった…公式サイトで声明

ロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシストであるフリーが、現地時間2日に米ニュージャージー州で行われた第48回スーパーボウル・ハーフタイムショーが生演奏ではなかったことをオフィシャルサイトで認めた。同ショーで、レッチリはブルーノ・マーズと共演。だが、演奏中にギターのコードがつながれていなかったことから、ファンの間で生演奏ではないのではないかという疑惑が出ていた。 フリーは現地時間4日、オフィシャルサイトに一連の疑惑に対する回答文を掲載。その中で「NFLとブルーノ・マーズから『ギヴ・イット・アウェイ』を演奏したいと言われたとき、ボーカルは生で、けれどもベースやドラム、ギターの演奏に関してはあらかじめ録音したものを使用するということで同意していた」と生演奏ではなかったことを認めると、理由については、当日の準備時間が5分程度しかなく、不測の事態に対応することができなかったためだと説明した。 ただし、フリーは今回の事態はバンドにとっても本意ではなかったと強調。「引き受ける前にはためらいもあったし、何度も話し合いを重ねた」といい、「結局は俺たちレッド・ホット・チリ・ペッパーズが常にフットボールを愛していたことが決断の大きな理由になった」と内幕を明かした。 「俺たちは当日、録音されたものに合わせて、演奏しているふりをしているだけだった。だから、ギターのコードをつなぐ必要はなく、実際につながなかったんだ。コードをつなげば、みんなに気が付かれることもなかっただろう。でも、俺たちはあえてコードをつながないことを選んだんだ」とフリー。また、レッチリを代表する立場としては「生ではない演奏を見せることは二度とない」と明言している。 今年のハーフタイムショーでは、レッチリとブルーノ・マーズが共演。全米で約1億1,530万人が視聴したといい、全米でのテレビ放送史上、最高の視聴者数を記録した。

ブラッド・ピット主演作が『ルパン三世』を抑え初登場首位!【週間レンタルランキング】

3月16日付のTSUTAYAレンタルDVD / ブルーレイランキングは、ブラッド・ピット主演の戦争ドラマ『フューリー』が初登場1位を獲得。『ルパン三世』の連続首位記録を3週で止めた。 ブラッド・ピットが戦争の英雄に!『フューリー』フォトギャラリー 第2次大戦末期のドイツを舞台に、「フューリー」(激しい怒り)と名付けられた戦車でドイツ軍に立ち向かう5人の米軍兵士の戦いを描く本作。ブラッドふんするウォーダディーをリーダーに、部下たちはチームワークを駆使して敵の攻撃をしのぐが、次第に味方は減っていき、最後には孤立して大勢の敵に囲まれてしまう。狭い戦車内における戦いの様子や、あっけなく人が死んでいく残酷さ、そして銃撃音や爆撃音のすさまじさが、戦場の臨場感を伝える。共演は『トランスフォーマー』シリーズのシャイア・ラブーフ、『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海』のローガン・ラーマンなど。 先週初登場3位だった『サボタージュ』は7位にランクダウン。アーノルド・シュワルツェネッガー演じる麻薬捜査官はかつてメキシコで巨大麻薬組織のボスを逮捕するが、その報復として家族を殺害される。トラウマを背負った役に挑んだ、いつもとは一味違うシュワルツェネッガーの演技に注目だ。監督は『フューリー』でもメガホンを取ったデヴィッド・エアー。元軍人で、特に銃撃戦の見せ方はリアルで迫力にあふれている。 同じく先週初登場した「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイvol.1」は10位から12位にランクダウンしたが、vol.1~6までの6巻全てがトップ20圏内に入っており、シリーズの根強い人気が表れている。 1位『フューリー』(初登場)2位『ルパン三世』(1位)3位『るろうに剣心 伝説の最期編』(4位)4位『ホットロード』(2位)5位『STAND BY ME ドラえもん』(5位)6位『LUCY/ルーシー』(6位)7位『サボタージュ』(3位)8位『GODZILLA ゴジラ』(7位)9位『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(9位)10位『マレフィセント』(11位) 今週は、18日にアクションスターが勢ぞろいする人気シリーズの第3弾『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』、スタジオジブリの『思い出のマーニー』がレンタル開始となる。これらの順位と共に、『フューリー』が2週連続首位獲得なるかに注目したい。

衝撃!貞子は『告白』の美少女・橋本愛だった!こんな貞子なら飛び出してもいい?

12日に公開される映画『貞子3D』で貞子役を務めた女優が、映画『告白』への出演で話題を呼んだ美少女・橋本愛であったことが発表された。橋本は、2012年、映画『HOME 愛しの座敷わらし』『Another アナザー』と大作への出演が続いている。 映画『貞子3D』場面写真 木村多江、仲間由紀恵らが務めてきた貞子役。橋本は「貞子役のお話を聞いたとき、実際ちゃんとした怖い役は初めてだったんですけど、何故か『またか』と思っちゃったし全然抵抗もなかったです」とコメント。「なんだか貞子ちゃんが人気者になっちゃっていて、ほんと、すみません、わたしで。みたいな気持ちです。でも自分の演じた役がみなさんに好かれているっていうのはすごく嬉しいです。貞子ちゃんはわたしも憎めないから。貴重な体験させていただいてありがとうございました」と貞子役を務めた感想を語っている。 石原さとみ、瀬戸康史、山本裕典らが出演した映画『貞子3D』は呪いの動画をめぐる心霊現象を、これまで映画『ハンサム★スーツ』『高校デビュー』などラブコメディーを得意としてきた英勉監督が描いた作品。貞子による始球式イベント、貞子が50人以上も渋谷に出現するゲリライベントなどを行い、映画の公開を盛り上げてきたが、ここに来て、貞子役のキャストを発表。明日の公開に向け、最後の一手を投じた。 映画『貞子3D』は5月12日より全国公開

森下悠里、はじけるGカップに会場メロメロ!? 初めての濡れ場に「緊張しました」

Gカップグラビアアイドルの森下悠里が18日、克・亜樹原作の人気ラブコメ漫画をもとにした映画『映画版 ふたりエッチ』の初日舞台あいさつに登壇し、豊満な谷間を強調した衣装で会場をムンムンの熱気で包んだ。 本作はタイトル通りちょっぴりエッチな内容で、実はベッドシーンが初めてだったという森下。「すごく恥ずかったです。あと実はイケメンが苦手で、顔見なきゃいけないのに照れちゃって大変でした」と夫役の三浦力を前に恐縮気味で明かし、「(撮影中)いろいろ見られちゃうので、とにかく恥ずかしかったです!」と思い返して赤面しきり。 また、原作は高校1年生で初めて読んだといい「夢中になって読んだわたしの青春のバイブルです。高校がキリスト教の厳しい学校だったのでそういう情報入らないし、女の子にも聞きにくいし、何十回も読んで勉強したテキストでした」と性に興味津々だった女子高生時代を告白する場面も。 本作の見どころについては「マンネリ化してしまうときの女心も描かれていて、男性は『え、そうなの?』と思うけど本当に女の子はそうなんです。なので、そこを見ていただくと彼女や奥様との関係がうまくいくこと間違いなしです」女の子視点でアピール。さらに、「第一巻を忠実に再現していて、新婚で迎える初めての夜のドキドキ感だとか見ていただけたらと思います」と谷間をちらりとのぞかせるポーズもサービスし、終始会場の男性陣をドキドキさせていた。 映画『映画版 ふたりエッチ』は克・亜樹の人気同名漫画を映画化。童貞・処女のままお見合い結婚してしまった小野田真と優良の二人が、初夜がうまくいかなかったことから互いにエッチのステップアップを目指して奮闘する姿を描くエロティック・ラブコメディーだ。 映画『映画版 ふたりエッチ』は公開中

リンジー・ローハン、保護観察処分取り消し決定 禁固刑8か月か

現地時間12日午前、ロサンゼルス郡地裁はリンジー・ローハンの保護観察処分の取り消しを決定した。この保護観察はリンジーが2011年にネックレスを盗んだ罪で有罪判決を受けたときのもので、今回の取り消しを受けてリンジーは最大245日間の禁固刑に処される可能性がある。 リンジー・ローハン主演映画『ミーン・ガールズ』写真ギャラリー CBS Los Angelesによると、地裁はリンジーが6月に起こした自動車事故に関して、警察にうその証言をしたこと、公務執行妨害、無謀運転という3件の罪を理由に保護観察を取り消すことを決めたという。リンジーは出廷せず、代わりに出席した代理人が取り消しの決定を受けたとのこと。 来年1月15日に行われる公聴会では同件の罪状認否およびリンジーの行為が保護観察違反に相当するかが判断される。その場でリンジーが収監されるか否かも決まる予定だ。しかしTMZ.comは、リンジーの案件を担当する判事は刑務所嫌いで知られる人物のため、今回もリンジーは刑務所行きを免れることになりそうだと報じている。

Page 3 of 37012345...102030...Last »