DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

激ヤセしたマシュー・マコノヒー、糖尿病になる危険性も

映画『ザ・ダラス・バイヤーズ・クラブ / The Dallas Buyers Club』で演じるHIV患者の役作りのため、約17kgもの体重を落としたマシュー・マコノヒーが、体重を戻す際に糖尿病になることを懸念しているという。 マシュー・マコノヒー主演映画『トゥー・フォー・ザ・マネー』フォトギャラリー 「ちゃんと検査もして、血圧も何もかも正常値の健康体だ。一番気をつけなければならないのは体重を戻すときだ。正しい方法で体重を増やさないと糖尿病になる可能性が非常に高い。ショック症状を引き起こすから、すぐにチーズバーガーやアイスクリームにくらいつくわけにはいかないんだ」とマシューはウェブサイトThe Daily Beastのインタビューで語っている。 あまりの激ヤセぶりに周囲からは心配の声も聞かれたが、本人はいい体験だったとコメント。「ものすごく体調はいいんだ。健康的な方法で体重を落としたからね。新鮮な魚を少量ずつ食べて、絶食は一切していない。睡眠もちゃんととっている。ダイエットというのはすべて自己管理のたまもので、今回は肉体的だけでなく、精神的な道のりでもあった。自分の体を知るという意味では非常に勉強になった体験だったよ」とコメントしている。

やりすぎ!機内で抱擁やらキスやら…ラブラブのシエナ・ミラーと恋人リス・アイファンズ!

交際中のシエナ・ミラーとリス・アイファンズが、飛行機の中で熱いラブシーンを見せた。デイリー・ミラー紙によると、アカデミー賞のパーティーを堪能し、ロサンゼルスからロンドンへ帰る機内で、抱擁しあったりキスを交わしたりしていたそう。2人の近くには、同じくロンドンへ戻るジェームズ・マカヴォイもいたが、マカヴォイはそんな2人の姿を横目に、「数独」パズルに熱中。さらに、ミラーがアイファンズに「バーで白ワインをもらってきて」と頼むと、偶然か故意にか、そのワインをアイファンズの服にこぼしてしまった。アイファンズはここぞとばかりにシャツを脱ぎ、上半身裸になってミラーの座席に飛び移り、イチャイチャし続けたそう。

フジテレビ『スマスマ』最終回の行方「基本は収録したものを流すことになる」 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

「あぁ、出ないんだなと。逆に言うと『SMAP×SMAP』の最終回がどこになるかは別として、われわれとしては5人が並ぶ番組を持っているわけですから『SMAP×SMAP』を盛り上げたい」 11月25日の定例会見で、NHK『紅白歌合戦』にSMAPが出場しないことを受けて、このように話したフジテレビの亀山千広社長。同時にメンバー5人が集う『スマスマ』最終回は、12月26日午後6時半以降になる可能性も示唆した。 「NHKは引き続き特別枠でのオファーをしていく意向ですが、SMAPサイドからの返答は一向になく、視聴者の興味をそがないためのパフォーマンスとの声も。 一方のフジテレビは『スマスマ』の大晦日放送をあきらめたのでしょう。“いまの5人”が長時間出演するのは危険ですからね」(テレビ誌編集者) 今年で放送20周年、フジの“顔”として君臨してきた『スマスマ』も、8月の解散発表によって年内終了が決定。その最終回を12月31日の“目玉”として生放送するプランも練られていたが、昨年に引き続き総合格闘技イベント『RIZIN』が決定したようだ。 そして気になる最終回は、最後らしからぬ内容になりかねないとも。 「おそらくは2時間程度の拡大版で、最後の『BISTRO』に20年間の総集編と、基本は収録したものを流すことになるのでは?  そして一部生放送として、12月21日に発売されるラストアルバム『25 YEARS』を意識したライブ、もしくは5人並んで最後の生挨拶になると見られています。とにかく『スマスマ』、そしてSMAPは静かに終了していくでしょうね」(テレビ局関係者)

トム・クルーズ、長年の製作パートナーと離別

長年トム・クルーズを支え、共に映画作りに励んできたパートナー、ポーラ・ワグナー氏が、事実上ユナイテッド・アーティスト社を離れることになった。ふたりは1993年にクルーズ・ワグナー・プロダクションを設立して以来タッグを組み、2006年にトムがパラマウントを離れる際は、共にユナイテッド・アーティスト社の再興に取り組むなど、ハリウッドで最も強力な製作コンビとして知られていた。ユナイテッド・アーティストの親会社であるMGMは、ワグナー氏が会社を離れても、トムと一緒に企画に取り組んでいくつもりであり、今後もトムがユナイテッド・アーティストの経営に関わっていくことに変わりはないと声明を発表している。トムとワグナー氏は、ユナイテッド・アーティストとしての第一作目だった『大いなる陰謀』が興業的に不振だったことや、新作『ワルキューレ』も撮影許可問題や制作の遅れなど多くの問題を抱えていただけに、今後の巻き返しが期待されていた。

リンジー・ローハン、ファッションショーでの拍手に涙

リンジー・ローハンがパリのファッションショーで拍手をもらい、うれしさのあまり泣き出した。 リンジーはエマニュエル・ウンガロのコレクションにクリエイティブ・ディレクターとして参加。リンジーがデザインにかかわったブレイザーやミニドレスがパリのファッションショーでお披露目され、最後にリンジーもキャットウォークに登場。会場からの拍手に涙で答えた。WENNによると、リンジーはクリエーティブ・ディレクターの仕事について、「今までやった仕事の中で一番難しかった」と答えたという。 一方、批評家たちはあまり好意的には思っていないよう。「リンジーが参加することによって期待された若さがデザインに反映されていない」「洋服を上手に着こなせても、デザイナーになれるわけじゃない」と厳しい評価がでている。

ブラッド・ピットを襲ったレポーター、社会奉仕活動中もおふざけは止まらず

先月、米ロサンゼルスで行われた映画『マレフィセント』のプレミアで、ブラッド・ピットの顔面を殴ったウクライナのお騒がせレポーター、ヴィタリ・セディウクのおふざけが止まらないと報じられている。 映画『マレフィセント』フォトギャラリー ヴィタリはこの一件で不抗争を申し立て、裁判官から20日間の社会奉仕活動と精神カウンセリングを言い渡されている。先日、その社会奉仕活動としてロサンゼルスのグリフィス・パークでゴミ拾いを行っているところを目撃されたが、そこはヴィタリ。だまってゴミ拾いはできなかったようだ。 The Hollywood Reporterに掲載されたビデオには、道路清掃などの際、安全のために着用するオレンジ色のセイフティベストを着たヴィタリが、公演でジャムセッションをしていたミュージシャンと一緒になってマラカスをふったり、ボンゴをたたいてふざけている姿が映っている。また、ほかの写真ではメリーゴーラウンドに乗って楽しんでいるから驚きだ。 別の日には、胸がはだけたブラピの写真を大きくプリントしたタンクトップをベストの下に着ている姿がTMZ.comに掲載されるなど、ふざけずにはいられないらしい。 ヴィタリはカンヌ国際映画祭でアメリカ・フェレーラのドレスの中に頭を突っ込んだあと、雇われていたウクライナのテレビ局からクビにされている。

マドンナとグウィネス・パルトロー、パーティーでリラックス

マドンナとグウィネス・パルトローが、ファッション・デザイナー、ヴァレンティノのパーティーで久々に顔をあわせた。 デイリー・ミラー紙の電子版によると、よき友人同士として知られる二人はソファで隣同士に座り、リラックスした様子でお互いの近況を語り合ったよう。料理は当然、マドンナが続けているマクロビオティックのものではなかったが、二人ともワインを飲んだり食事を楽しむ姿も目撃された。このパーティーは、ヴァレンティノのデザイン業界からの引退を描く映画『バレンチノ:ザ・ラスト・エンペラー』の公開を祝うもので、ほかにもモデルのヘレナ・クリステンセンや女優のクレア・デインズらが出席した。

英国大使館での『英国王のスピーチ』試写会!海江田大臣ほか政治家が多数出席!国民を勇気づけたヒーローにあやかりたい!?

18日、英国大使館で映画『英国王のスピーチ』プレミア試写会が行われ、海江田万里経済産業大臣、石田三示衆議院議員、おはら舞衆議院議員、若泉征三衆議院議員、吉田統彦衆議院議員、浜本宏衆議院議員ののほか、落語家の三遊亭好楽やデーブ・スペクター夫妻など多数の著名人が出席した。 映画『英国王のスピーチ』写真ギャラリー 本作は吃音(きつおん)に悩む英国王ジョージ6世が周囲の力を借りながらそのハンディキャップを克服し、国民に愛される王になるまでを描く、実話に基づいた感動作。第83回アカデミー賞では作品賞と監督賞主要2部門を含む最多12部門でノミネートされており、オスカーレースの本命とされている。さらに、本国イギリスのアカデミー賞といわれるBAFTA賞では作品賞、男優賞、イギリス映画賞、助演男優賞、助演女優賞を獲得したばかりで、ジョージ6世が父親にあたる、現在のエリザベス女王も本作を気に入ったと評価したことも話題を呼んだ。 そんな英国王室にゆかりの深い注目作であることから、ディビッド・ウォレン駐日英国大使の同席のもと、英国大使館で行われたこの日の試写会。来場した海江田経済産業大臣は映画好きということで終始にこやかな表情で「最近は政治家の言葉が軽い、とか、スピーチが上手じゃない、なんて言われている。わたしもこの映画を観て、スピーチが上手になるよう心掛けたい」と話し、国民からの支持を得る方法を、主人公から学ぼうと興味津々な様子だった。現在国民不在のまま、内輪もめを繰り広げているように見える民主党政権。国会議員の先生方も、映画を観てさまざまな困難を乗り越え、国民を勇気づけたかつての英国王から大いに学んでもらいたい!? 映画『英国王のスピーチ』は、1936年から1952年にかけて英国王に在位していたジョージ6世(コリン・ファース)が、言語聴覚コンサルタントのライオネル(ジェフリー・ラッシュ)と出会い、自らの重度の吃音(きつおん)を克服して、第二次世界大戦を国民と共に戦っていくために、国民を鼓舞するスピーチを行う感動の作品。 映画『英国王のスピーチ』は2月26日より全国公開

クリスティーナ・リッチとジェシカ・ビール、サミュエル・L・ジャクソンと共演

クリスティーナ・リッチと『エリザベスタウン』のジェシカ・ビールが、すでにサミュエル・L・ジャクソンの主演が決まっている新作映画『ホーム・オブ・ザ・ブレイブ』へ出演することが決まった。同作は、長期にわたるイラク駐留を終え、戦場での経験によって変わってしまった三人の兵士たちが、通常の生活に再び馴染むまでを描く物語で、歌手の50セントことカーティス・ジョンソンも出演する。監督は『五線譜のラブレター DE-LOVELY』のアーウィン・ウィンクラーがあたり、脚本はマーク・フリードマンが手掛ける。

『007/ダイ・アナザー・デイ』のコリン・サーモン、イギリスのダンス選手権番組に出演へ

映画『007/ダイ・アナザー・デイ』『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』のロビンソン役で知られるコリン・サーモンが、イギリスBBCのダンス選手権番組「ストリクトリー・カム・ダンシング / Strictly Come Dancing」に出演することになったとDigitalspyが伝えた。 コリン・サーモン出演映画『バイオハザードV:リトリビューション』フォトギャラリー 「ストリクトリー・カム・ダンシング」は、2004年よりイギリスBBCで放映されているダンス選手権番組で、スターとプロのダンサーが組んでダンスを競う。世界各国でフランチャイズ放映されている。 サーモンは、ピープル誌に「世界で最も美しい50人」に選ばれたこともある。 映画『バイオハザード』でワン役を演じたサーモンは、シリーズ最新作『バイオハザードV:リトリビューション』にも同役で再出演を果たしている。

Page 3 of 36012345...102030...Last »