DVDムービーのテストおよび評価

本研究開発において制作した、3次元映像標準テストコンテンツ及び3次元映像 コンテンツ変換ソフトウェアを、広く3次元映像分野の研究機関、企業等に無償で本日 から公開します。

D-BOYS池岡亮介、人気サッカー漫画「1/11」実写化の主演に満面の笑み!

ジャンプSQ.(集英社)で連載中の人気コミックをD-BOYSの池岡亮介主演で実写化した映画『1/11 じゅういちぶんのいち』の完成披露試写会が28日、リニューアルオープン前夜のテアトル新宿で行われ、池岡と片岡翔監督が出席した。初主演を務めた池岡は、「高校時代を思い出して楽しく演じられた」と満面の笑顔で語った。 映画『1/11 じゅういちぶんのいち』完成披露試写会フォトギャラリー 本作は、サッカーを通して成長していく男女の姿を爽快に描く青春ストーリー。中学卒業と同時にサッカーを続けることを諦めた主人公・安藤ソラ(池岡)が、女子日本代表のヒロイン(竹富聖花)との出会いをきっかけに、再びサッカーに夢中になっていく姿をつづる。 池岡は「確かに(サッカーの技術など)いろいろなハードルを課せられた作品ではありましたが、プレッシャーを感じる暇もないくらい現場が温かくて。同年代が多かったので一致団結して、最後は監督に締めてもらうという感じでしたね。高校時代を思い出しながら楽しく演じることができました」と述懐。さらにこの日、Jリーグが本作に名義協力することになったことを知らされると、「まさかJリーグのお墨付きをもらえるとは思わなかった。うれしいですね!」と喜びの表情を浮かべた。 一方、本作が商業映画デビュー作となった片岡監督は、同漫画を映画化した経緯について、「自主映画で製作した『くらげくん』がプロデューサーの目に留まり、一緒に何かやろうということでこの漫画の映画化を提案されました」と説明。だが、映画化は極めて困難だったといい、「1話完結の連作ものなので、長編映画としてどう物語を結びつけて成立させるか、脚本に試行錯誤しました。漫画は絵のイメージが強いので実写化するのは本当に難しいですね」と苦労を明かしていた。 映画『1/11 じゅういちぶんのいち』は4月5日よりシネ・リーブル池袋、TOHOシネマズ川崎ほか全国公開

ももクロが「紙兎ロペ」に参加!レギュラー出演も希望?

人気アイドルグループももいろクローバーZ(玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏、百田夏菜子、有安杏果)が、フジテレビ系情報番組「めざましテレビ」(毎週月~金・前5時25分~8時放送)内で放送中の人気アニメ「紙兎ロペ 笑う朝には福来たるってマジっすか!?」のゲスト声優を務めることがわかった。 同作は、下町を舞台に、紙兎のロペと紙リスのアキラ先輩が織り成すシュールでクスっと笑える日常を描いたショートアニメ。ももクロは、彼女たちをモチーフに作られたご当地アイドルを目指す女子高生キャラクターの声を担当する。 元気いっぱいの様子でアフレコに臨んだメンバーたちは、監督を務める青池良輔からの「面白いコメントが出るまでカットはかけない」というむちゃぶりにも臆することなく、アドリブ演技まで披露。現場には名セリフや珍セリフが飛び交い、青池監督も大爆笑の収録となった。 (C) 紙兎ロペプロジェクト 2014 / フジテレビジョン ロペとアキラ先輩との共演について玉井は、「同じ画面にわたしたちをモチーフにしたキャラクターと、アキラ先輩とロペがいるのがすごくうれしかったですね」とコメント。「ロペ」をあまり観ていないという高城も「実際にアキラ先輩がいたら悩み相談をしたい。もっと仲良くなりたいなと思いました」と喜びを明かす。 さらに今回は、ももクロの名物マネージャーとして知られる川上アキラ氏もアフレコに参加。川上氏の様子についてメンバーたちは、同じ名前なだけに、間違えて台本に書かれたアキラ先輩のセリフを読み込んでしまうほど緊張していたと暴露。その一方で、「でも愛嬌(あいきょう)のあるキャラクターになっていたよね」と百田が語るなど、フォローも忘れなかった。 放送される作品について有安は「どんな感じになるんだろうね」と今から興味津々の様子。5人そろってのアフレコは初挑戦だったといい、玉井が「毎週出させてもらってもいいよね」と語れば、佐々木も「レギュラー化してもいいよね」と同意。最後には全員で「また出してください!」と再登板を熱望していた。 アニメ「紙兎ロペ 笑う朝には福来たるってマジっすか!?」ももいろクローバーZ参加エピソード「ご当地アイドル」は12月1日から5日まで「めざましテレビ」内で放送予定

浮気が発覚し夫と別居中のエリザベス・ハーレイが「まだ離婚はしません!」とツイッターでブチ切れ

オーストラリア人の元クリケット選手との浮気が発覚し、数か月前から夫アルン・ネイヤーとは別居をしていることを発表したエリザベス・ハーレイが、将来の方向性を勝手にメディアが報じていることに激怒しているようだ。 「くだらない憶測にうんざりしてきたわ。まだ離婚はしません。誰もお金を奪い合ってなんかいません。わたしはオーストラリアに行く予定なんてありません。いいかげんにして!」とエリザベスはツイッターで怒りをあらわにしている。 アルンの家族は、エリザベスがほかの男性とキスをしていたことにショックを受け、彼がエリザベスと別居をしたことに満足していると報じられている。「エリザベスは10月にアルンの両親に会ったとき、ほかの男性と付き合っていることについては触れなかったんです。彼の家族は二人の別居をうれしく思っています」とある関係者はコメントしている。 エリザベスの浮気相手として報じられているオーストラリア人のシェーン・ウォーンも、先週の初めに妻シモーヌと別居したことを発表。シェーンとシモーヌには3人の子どもがいる。

デヴィッド・フィンチャー、未解決殺人事件を題材にした映画を監督か?

『パニック・ルーム』以来監督作がなく次回作が期待されるデヴィッド・フィンチャー監督が、60年代後半にアメリカを震撼させたゾディアック事件を題材にした映画でメガホンを取るかもしれない。作品は『ゾディアック』で、ロバート・グレイスミスの2冊のベストセラー小説を基に『閉ざされた森』のジェームズ・ヴァンダビルトが脚本を手掛け、未だ逮捕されていない冷酷な犯人像に迫る一作となる。ゾディアック事件は、サンフランシスコ周辺で男女を殺しては「ゾディアック」の名前で新聞社に暗号文の犯行声明を送り警察を愚弄し世間を騒がせた連続殺人事件で、映画『ダーティハリー』のスコルピオはこの犯人像をモデルにしているといわれている。

キアヌ・リーヴスとシャーリーズ・セロンが同棲開始?ハリウッドのビッグカップル誕生か

映画『マトリックス』シリーズのキアヌ・リーヴスと映画『モンスター』のシャーリーズ・セロンが近く、イギリスで同棲(どうせい)を開始するとゴシップ誌スターが報じている。2人は昨年より交際がうわさされていたが、事実ならばハリウッドでも一二を争うビッグカップルの誕生だ。 スター誌ほか複数のメディアによると、キアヌとシャーリーズは数週間後にはロンドンで同棲(どうせい)を開始する予定だという。キアヌは、柴咲コウらと共演する「忠臣蔵」のハリウッド・リメイク映画『47RONIN』の撮影が、シャーリーズもドラマの出演が控えており、双方に都合の良いイギリスが共同生活スタートの場として選ばれたようだ。 二人は2001年の映画『スウィート・ノベンバー』に恋人役で出演。その後、とりたててうわさなどはなかったものの、昨年5月ごろに交際が報道された。シャーリーズは昨年初頭に俳優のスチュアート・タウンゼントとの破局が発覚。一方のキアヌは1999年に長年のパートナーと破局してから何度かロマンスのうわさは出たものの、独身を貫いていた。

クライヴ・オーウェンとジェシカ・ビール、ダニス・タノヴィッチ監督作品で共演へ

映画『ラスト・ナイツ』『ザ・バンク 墜ちた巨像』のクライヴ・オーウェンと、映画『トータル・リコール』『ニューイヤーズ・イブ』のジェシカ・ビールが、ロンドンが舞台の人間ドラマを描く映画『インビジブル / Invisible』で共演することになったとDeadline.comなど各メディアが伝えた。 ダニス・タノヴィッチ監督作『鉄くず拾いの物語』 ジェシカ・ビール Dimitrios Kambouris / Getty Images 本作は、クロアチア出身の作家ティナ・スティヴィチッチによる同名戯曲を映画化するもの。スティヴィチッチ自身が同作を脚色し、映画『ノー・マンズ・ランド』『鉄くず拾いの物語』のダニス・タノヴィッチ監督がメガホンを取る。 何不自由なく暮らしながらも常に野望を抱き続ける、オーウェンが演じるフェリックスとビールが演じるアン、そして、人生のチャンスを求めてロンドンにやってきたアントンら3人の人生ドラマが絡み合っていく。撮影は10月開始予定。 オーウェンは、リュック・ベッソン監督、イーサン・ホークと共演の映画『ヴァレリアン・アンド・ザ・シティ・オブ・ア・サウザンド・プラネッツ / Valerian and the City of a Thousand Planets』が来年7月に全米公開予定で、現在製作準備中。ビールは、今年公開予定のアニメ映画『スパーク / Spark』で声優を務めている。

水木しげるさん、妖怪が見えるようになった壮絶戦争体験 | 週刊女性PRIME [シュージョプライム]

11月30日、『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親である水木しげるさんが亡くなった。93歳で大往生であった。 「水木さんは11月11日、自宅で転んで頭を強打。救急車で病院に運ばれた後、硬膜下血腫で緊急手術を受けました。しかし、その後、容体が悪化し、多臓器不全に陥り、結局回復することはなく息を引きとりました」(全国紙記者) 水木さんといえば、誰もが思い浮かべるのは妖怪だが、戦争をテーマにした作品も数多く描いている。そして、それらの作品は自らの実体験をもとにして描かれている。 水木さんは太平洋戦争の真っただ中である’43年、21歳のときに召集令状を受け取り、歩兵として陸軍に入隊した。入隊して間もなく、太平洋の激戦地であったニューギニア戦線に出征し、そこで過酷な経験をすることになる。 到着した戦地では、すでに日本軍は、優秀な装備と圧倒的な物量を誇る連合軍に追い詰められており、水木さんの部隊も玉砕が目前に迫っていた。敗走中にマラリアに感染し、高熱で錯乱状態になりながらジャングルを彷徨。 「敵機の爆撃にあい左腕に重傷を負いました。負け戦の戦場でしたから、麻酔もない状態で腕を切断されたそうです」(出版関係者) その後、負傷兵として後方に送られ、終戦で復員したのが24歳のときだった。まさに死と隣り合わせだった、このときの地獄のような体験が、後の水木さんの作品に大きな影響を与えている。 「水木さんが最初に妖怪に関心を持ったのは、幼いころ家に手伝いに来ていたおばあさんの話がきっかけだったそうですが、大人になるにつれて関心も薄れていき、忘れかけていたそうです」(前出・出版関係者) それを呼び覚ましたのが、戦争体験だった。水木さんは雑誌のインタビューではこう語っている。 《死と隣り合わせの状況でジャングルをさまよいながら、幼いころの記憶が次々と浮かび、妖怪が見えた》 水木さんが生還できたのはひょっとしたら妖怪たちのおかげなのかも。 (漫画家・享年93・11月30日逝去)

『マトリックス』ウォシャウスキー姉弟が姉妹に 弟がトランスジェンダー公表

映画『マトリックス』シリーズなどを監督したウォシャウスキー姉弟の弟アンディ・ウォシャウスキー(48)がトランスジェンダーであることをカミングアウトし、名前も女性名のリリーと改めたことが明らかになった。姉のラナ・ウォシャウスキー(50)もトランスジェンダーであることを公表しており、数年前に性別適合手術を受けている。 【写真】ウォシャウスキー兄弟時代の作品『マトリックス』 リリーは現地時間8日、米シカゴのLGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー)向けメディア Windy City Times に思いをつづった手紙を寄稿。タブロイド紙を皮肉るように、「衝撃の性転換 – ウォシャウスキー兄弟が姉妹に!!!」と題された声明でリリーは、これまでに複数の媒体が、自分の意思に反して、彼女の性にまつわる話題を掲載しようとしてきたと告白した。 そんな中、今週の月曜日に英国の大手メディア Daily Mail の記者がこの件に関して彼女にインタビューを求めてきたことをきっかけに、自ら事実を公表することを決心したという。 「いつかはカミングアウトしなくてはならないということは、わかっていました」というリリーは、「トランスジェンダーとして生きるうえで……その事実を隠すというのは難しいことなのです。わたしには、頭を整理し、自分が居心地よく問題がないと感じられるようになるための時間が必要だった」と心境を吐露。声明の中では、1991年に結婚した妻や、姉のラナたちの存在にも触れており、家族の支えがなければ「今日までの自分はなかったでしょう」と感謝をつづっている。 ウォシャウスキー姉妹は『マトリックス』シリーズのほか、『スピード・レーサー』『クラウド アトラス』『ジュピター』など話題作を監督。昨年はNetflixで配信中の「センス8」でドラマの世界にも進出している。

モー娘。鞘師里保、普段はぼっちキャラ!ぼっちの気楽さを説明

アイドルグループ・モーニング娘。’15の鞘師里保が30日、都内で行われた写真集「十六歳」の発売記念イベントに出席した。 モー娘。鞘師里保の美しいうなじ…フォトギャラリー 同書は13歳でデビューし、今や高校生になった鞘師の4冊目の写真集。真夏の余韻が残る沖縄、そして雪深い信州上田という二つの異なる場所でロケを行い、これまで無邪気一辺倒だった鞘師の、大人への成長を感じさせる内容になっている。 「十六歳」という年齢は「大人っぽくなったり子供っぽく見えたりいろいろな表情が見える時期」だと感じるという鞘師は、「少しずつ大人になっていくわたしをいっぱい撮ってもらえた写真集になったんじゃないかなと思います。16歳そのもののわたしを見せたいと思って、こういう表情をしようとはあまり考えずにその場の空気を楽しんだりしながら撮りました」と自然体で臨んだ撮影を振り返った。 メンバーの反応には「普段ぼっちキャラであまりメンバーの輪に入るタイプじゃないんですけど、メンバーから写真集を見たいって寄ってきてくれて、それがすごくうれしかったです」と笑顔で、「一人で淡々と何かをするタイプで、たまに輪に入りたいときはあるんですけど、そういうときはちょっと後ろからのぞいてみたりします」と照れた表情を見せた。 プライベートで大人になったと感じる瞬間は、都内のオシャレなカフェを巡るときとのこと。やっぱり一人で巡るそうで、「たくさんいるときはいるときで楽しいとは思うんですけど、1日のスケジュールを誰かに合わせるよりも、自分一人で組み立てて使えるのはいいかなと思います」とぼっちの気楽さを説明していた。握手会には700名のファンが参加した。 写真集「十六歳」は発売中

性同一性障害の現代アーティストを彼から彼女になる8年間を『ウォーターボーイズ』俳優・松永大司監督が描く力作上映

性同一性障害の現代アーティスト・ピュ~ぴるの2001年~2008年の8年間を追ったドキュメンタリー映画『ピュ~ぴる』が、オランダで開催中の第40回ロッテルダム国際映画祭の特集上映「アウト・オブ・ファッション」のオープニング作品に選ばれ、現地時間27日、上映のほかピュ~ぴるのパフォーマンスが行われた。 同作品は、クラブで目立つために独創的なファッションを自ら作成していたピュ~ぴるが、国際的アーティストへと羽ばたいていく姿を、長年の友人である松永大司監督がカメラに収めたもの。クラブ仲間だった2人が偶然再会した2001年当初、松永監督は映画『ウォーターボーイズ』(01)などで俳優として活躍する一方、映画監督も志していたという。それを知ったピュ~ぴるが「じゃ、私の生き様を撮って」と映画製作を依頼したことがきっかけだという。着地点の見えない中でスタートしたが、アーティスト・ピュ~ぴるの成長のみならず、去勢手術を受けて「彼」から「彼女」へと大きく変ぼうしていく過程や、そんなピュ~ぴるを見守る家族たちの葛藤なども赤裸々にカメラの前で明かされており、性同一障害に対する理解を深める上での貴重な記録となった。 映画はすでに韓国・全州国際映画祭やフランスのパリ映画祭などでも上映されているが、松永監督とピュ~ぴるが2人揃って映画祭に参加するのは初めて。特にピュ~ぴるは、映画祭そのものが初参加とあって「上映中は、自分でパフォーマンスする時よりもドキドキしちゃった」という。しかし終わってみれば、オランダは同性結婚を認めているセクシャルマイノリティに寛大な国だけあって、温かい拍手に包まれた。 上映後の質疑応答で、映画の感想を聞かれたピュ~ぴるが「この8年間走り続けて来たので、忘れていた当時の気持ちを思い出し、自分のことながら涙を流してしまいました」と答えると、会場から「おぉ……」と同情のため息がもれた。さらに劇中、ピュ~ぴるが失恋を経験することから「今、彼氏はいますか?」という直球の質問が飛んだ。恥じらいながら「ハイ、います。今、幸せです」と答えると、良かった! と言わんばかりの拍手まで沸き起こった。 松永監督は「カメラを回し始めたころは焦点も合ってないような映像だったけど、8年間で映画作りの勉強になったし、去勢手術の同意書にサインをするなど普通なら体験出来ないような経験もさせてもらった。何より、カメラの前でこれだけさらけ出してくらたピュ~ぴるに感謝したい。彼女の力なしでは、映画は成立しなかったと思う」としみじみ。一方、本作の上映に合わせて、ロッテルダム市内にあるボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館で作品も展示されているピュ~ぴるも「映画を撮って欲しいとは思ったけど、発表の場がこんな所になるとは思ってもみなかった。これからも死ぬまで、自分が生きた証を残せるよう、美しいモノを作り続けて行きたい」とアーティストとして新たな刺激を得たようだった。 松永監督はすでに『ピュ~ぴる』の続編の製作に入っている。 映画『ピュ~ぴる』は3月26日(土)よりユーロスペースにて公開

Page 30 of 360« First...1020...2829303132...405060...Last »